< アース・ウインド&ファイヤー 灼熱の狂宴 Earth, Wind & Fire Power, Africano, Happy Feelin's, Live in 75:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

アース・ウインド&ファイヤー 灼熱の狂宴 Earth, Wind & Fire Power, Africano, Happy Feelin's, Live in 75 [アースウィンド&ファイヤー]




1975年発売の2枚組ライブアルバム「灼熱の狂宴」(Gratitude)から、1枚目のA面を飾った「アフリカーノ」 (Africano)、「パワー」 (Power)、「ヤーニン・ラーニン」 (Yearnin' Learnin')と続く、グルーヴ感溢れる演奏!アル・マッケイのリズムギターも誠に!心地良い!。アース、アル・マッケイここにあり!の名アルバムでございます。

1970年代初頭のクロスオーバー寄りのサウンドの頃は、商業的に成功したと言えないアースでしたが、1974年のアルバム「太陽の化身」(Open Our Eyes)あたりから、よりファンク色を全面にだし、アルバムA面1曲目の「宇宙よりの使者」(Mighty Mighty) 、翌1975年の「暗黒への挑戦」(That's the Way of the World)から、同じくA面1曲目の「シャイニング・スター」(Shining Star)が、 当時は未だ踊り場シーン、コアな黒人音楽ファンの間でのムーブメントでしたが、ジェームス・ブラウンのThe J.B.'sやクール&ザ・ギャング、オハイオ・プレイヤーズ、BTエクスプレス等の大型ファンクバンドの所謂ニューファンクムーブメントの最中受け、アースの名前は日本でも知られるようになっていきました。

そして、同じく1975年発表されたこのライブアルバムからシングルカットされた、「シング・ア・ソング」 (Sing a Song)も踊り場のDJに使われ、アルバムもコアなファンクファンに支持され、アースの人気は爆発前夜。

1976年のアルバム「魂(Spirit)からのシングルカット「ゲッタウェイ」(Getaway)が、踊り場で人気になり、1977年、アルバム「太陽神」(All 'N All)からの「宇宙のファンタジー」(Fantasy)が、踊り場シーンのみならず、一般的なポップスファンにも好評を得、日本で大ヒット!。アースの名前は遂に!日本中で知られるようになったわけであります。

ただ、それまで、こちらのアルバム「灼熱の狂宴」(Gratitude)前後の、強烈なファンクスピリッツ溢れる演奏をしていたアースを好んでいたコアな黒人音楽ファンや踊り場フリークたちは、この後、空前のディスコブームが吹き荒れる最中、今も当時のディスコフリークには人気の高い曲々なれど、アースもそのブームに「迎合してる。媚びてる」と、アースのサウンドが極端なディスコサウンドに変わっていった事を、批判中傷するようになり、このディスコサウンドのアースファンと、それ以前のアースファンは、若い人からみると同じ「おっちゃん、おばちゃん」でも、分離してるとみて間違いないですね。

アース、モーリス・ホワイトの「白人、大衆迎合」路線は、Pファンクのジョージ・クリントンも又、否定的でしたが、結局、80年代になってアースの「売り」でもあった管楽器隊をひっこめ、完全な電子楽器によるディスコサウンド路線を打ち出してから、アースの人気は頭うちになってしまい、このへんは墓穴を掘ってしまった感もなきにしも非ずでしたが、このアルバム当時のアースの演奏力、グルーヴは、誠に!衝撃でありました。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。