< ジョン・レノン イマジン Imagine - John Lennon:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

ジョン・レノン イマジン Imagine - John Lennon [ジョンレノン]





ポール・マッカートニーのページでも触れておりますが、ザ・ビートルズ解散から暫くの間は、ポール・マッカートニーと小野洋子さんに、その責任が批評家や心ないファンから集中しており、ジョン・レノンは、当時の和製ふぉーくブーム的らしい表現「ジョンは傷ついていた」と、被害者扱いする人が多く皆、同情的でした(ジョージ・ハリスンに対してもしかり)。

更に「愛と平和」の正義の使徒、ジョン・レノンのイメージを決定ずけるこちら大ヒット曲「イマジン」(Imagine)も、その「空気」に拍車をかけていましたね。

ジョン・レノンは妻の小野洋子さんとザ・ビートルズ解散前から、アメリカのベトナム戦争反対運動してましたし、そのアメリカの支持を表明したイギリスにジョンは大英帝国勲章を返還してますから、1971年発表された「イマジン」(Imagine)は、確かに当時のジョン・レノンそのものの楽曲であり、又、ザ・ビートルズ解散以前に結成したプラスチック・オノ・バンドやソロアルバムでは、ジョージ・ハリスンやリンゴ・スターのザ・ビートルズメンバー、当事のカリスマであったエリック・クラプトン、ポールに代わる旧友のベーシスト、クラウス・フォアマンも参加しており、なんとなーく我が儘ポールだけが村八分になってる感を、ファンに感じさせましたし、、、。

方やポール・マッカートニーは、ザ・ビートルズがライブをやめ、スタジオでのレコーディング活動だけになってから顕著になる多重録音のやり方。妻リンダ・マッカートニーが一部の曲のバック・ヴォーカルに参加する以外、全ての楽器を一人で演奏し多重録音したアルバム「マッカートニー」や、少数のゲストを招くもやり方は同じの「ラム」を発表。自らその村八分のポール・マッカートニーを印象ずけてしまったのも、ポールのイメージを悪くさせた原因だったかもしれません。

ポールの一人多重録音は、昨今、安価の録音機材登場によって、多くの有名無名問わずミュージッシャンがやってるやり方ですが(この2枚のアルバムは今の方が評価が高い)、当事、この手の一人マルチプレイヤーのやり方は一般的ではなかったので、ジョンの方が仲間を大事にしてる正しいバンドマン、ロッカーのスタイルに誰もが感じたのも、ポールには分が悪かったですし、なんと言ってもジョンには「愛と平和」という大義名分が「イマジン」(Imagine)の大ヒットで決定的になり、その使徒のような扱いもされていたのも、「ジョンは傷ついていた」的な評価をされていた原因かも知れませんね。

まあ、情報溢れる昨今、実はジョンよりポールの方が、かなり「傷つけられていた」と感じる、評価する後追いのザ・ビートルズファン、ジョン・レノン、ポール・マッカートニーファン多いと思いますが、リアルタイムの空気はこんな感じだったという事で、、、。






nice!(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。