< 70年代ロックキッズ、ギター小僧にとても好まれたハイウェイスター Deep Purple - Highway Star:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

70年代ロックキッズ、ギター小僧にとても好まれたハイウェイスター Deep Purple - Highway Star [ディープパープル レインボウ]








うーん、何時聴いても幾つになっても、無茶苦茶カッコいい曲だな〜!(笑)。

1972年発表、リッチー・ブラックモア主導のハードロック路線、第三弾、アルバム「マシン・ヘッド」 - Machine Head - A面1曲目の不朽の名曲。「ハイウェイスター」Highway Star。日本中の当時のギターキッズが、今も上手い人、挫折した人関係なく、必死に!コピーしようとしたリッチー・ブラックモアの、1人多重録音のギターツインハモのギターソロ、ギターを弾かないロックファンでも、普通に口ずさめ歌える!フレーズ(これは凄い事だと思います)、歴史に残るギター名演!ギター名フレーズでございます。

同年8月の初来日の演奏音源、「ライブインジャパン」- Made in Japan - の冒頭1曲目の、印象的な!ジョン・ロードのキーボードから入る、何時聴いても!鳥肌(管理人は)のアレ、何度!聴いたかわからないロック親爺は日本中にいる事でしょう(笑)。

しかし、第二期ディープ・パープルはこの初来日音源の、僅か10ヶ月後、76年6月には崩壊。ボーカルのイアン・ギランと、ベースのロジャー・グローヴァーが抜けてしまい、まあ、結局その後任で加入したグレン・ヒューズ(Vo&B)、デイヴィッド・カヴァデール(Vo)がいたから、あの!ハードロック史上、最高と言っても過言ではないでしょう。不朽の名曲!「紫の炎」 - Burn -74年2月に生まれたわけで、さりとてこの二人との確執が、翌75年には看板ギタリストのリッチー・ブラックモア脱退を生んだわけで、リッチーが脱退しレインボウを結成しなかったら、又、ハードロック、ヘビーメタルの歴史も変わってたでしょうから、バンドというものは、人間関係というものは、誠に難しいものでございます。

76年にディープ・パープルは解散。世界的なハードロック、ヘビーメタルブームの中、この「ハイウェイスター」のメンバー、所謂「第二期」メンバーで再結成される84年まで、随分、時間が経過してたと、こちらも若かったせいか感じておりましたが、僅か8年で再結成してるんですね(笑)。ホワイトスネイクのリーダーで、ディープ・パープル第3期のボーカルでもあるデイヴィッド・カヴァデールは、この再結成をかなり辛辣に批判してましたが、ホワイト・スネイクでも一緒だったジョン・ロードが抜かれましたからね(汗)。リッチーのレインボウも結局、解散しちゃったし。

で、そのわりには、また!リッチーとイアン・ギランの確執でイアン・ギランが抜けたり、リッチーが抜けギランが戻ったりの、どたばた劇を繰り広げ、ジョン・ロードもいなくなっても今も(2011年)ディープ・パープル活動しておりますが、再結成に一度も加わってない、自身のバンド、ホワイトスネイクとピンで活動し続けるデイヴィッド・カヴァデールに、管理人は「美学」と「男気」と「意地」を感じます。





トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。