< 70年代抜群の人気を誇っていた、ポール・マッカートニー率いるウイングスのバンドオンザラン Band on the Run - PAUL McCARTNEY & WINGS:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

70年代抜群の人気を誇っていた、ポール・マッカートニー率いるウイングスのバンドオンザラン Band on the Run - PAUL McCARTNEY & WINGS [ポールマッカートニー&ウイングス]








リアルタイムは、ザ・ビートルズ解散の責任を一身に背負わされ、悪者としてマスメディアや世間の矢面にたたされる中、2枚のソロアルバムも商業的にはそれなりの成功を収めましたが、マスメディアは酷評。ウイングスのファースト・アルバム『ワイルド・ライフ』は2枚のソロアルバムよりも商業的には震わず、マスメディアはウイングスに音楽的には当時、素人だった妻のリンダが加わっていた事や、時代の風潮がスーパーセッション、オールスターバンド的なものをもてはやし、期待していた事もあり、ポールにもその期待があったのか?「自分を過信せず、ちゃんとしたメンバーと仕事しろポール」的なソレがあったので、「それみた事か」と鬼の首とったように痛烈に批判、酷評。

70年代のポール・マッカートニーの船出は、荒波の中スタートしたわけですが、シングル「マイラブ」の全米1位の大ヒット!、007シリーズ「死ぬのは奴らだ」も連続大ヒット、アルバム『レッド・ローズ・スピードウェイ』も全米1位を獲得し、やっと!マスメディアのポール叩きが終わるわけですが、次作「バンドオンザラン」レコーディング前に、ウイングスはメンバー2人が脱退、アルバムはリンダとデニー、そしてポールの3人でレコーディングされ、多くの楽器をポールが多重録音で1人でレコーディングしているそうで、スタジオオリジナルバージョンは、ドラムもポールが叩いてるそう。

アルバム「バンドオンザラン」は、ビートルズ時代のホワイトアルバムあたりから、ソロアルバム経由しての、ポール・マッカートニー一人多重録音の集大成なのかもしれないな〜、なんて思って聴いてると、このアルバム面白かったりします。



結局このアルバム、全米全英1位を獲得、商業的にもビートルズ解散後、最大の!ポール・マッカートニーの大ヒット作になり、マスメディアの評価も一転、大絶賛。ポール様は凄いの大合唱(笑)。ウイングスのコンサート活動再開を思案するポールは、新たなメンバー選考のオーディションを行い、新生ウイングスは再スタートするわけですが、ウイングス解散後のソロ活動含め、ポールが選ぶミュージシャンは、ある種の「オールスター」的な、誰もが知る名のなあるソレではない、無名、或いは裏方の渋い選択であり、思えば4弦のバンジョーのコードしか知らなかったので、6弦ギターに4弦だけはって、バンジョーのコードでギターをかき鳴らし歌ってたジョン・レノンの「天才」を見抜き、一緒にやろうと思ったポールなわけですから、ミュージシャンをみる眼力、才覚も天才的なのでしょうね。 

1980年、日本の成田空港で大麻所持で逮捕され日本中を大騒ぎさせたポールでしたが、同年末NYでジョン・レノンが射殺されてしまい、70年代メディアもファンも、強い願望として、しょっちゅう「ビートルズ再結成!か?」と、東スポの赤見出しのように話題が出ては消えしてたわけですが、それも永遠に叶わぬ夢になってしまったわけですね。

【テアトルアカデミー】タレントオーディション実施(無料)




トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

トラックバック 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。