< レオンラッセル:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
レオンラッセル ブログトップ

レオン・ラッセル マスカレード THIS MASQUERADE / LEON RUSSELL [レオンラッセル]



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪
EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...





カーペンターズ、ジョージ・ベンソンのカヴァーで有名な「マスカレード」(This Masquerade)は、1972年にレオン・ラッセルが発表したアルバム「Carney」に収録されていた、レオン・ラッセルのオリジナル曲でありました。

ザ・ビートルズ解散の激震もさめやらぬ1971年、ジョージ・ハリスン主催のバングラデッシュ難民救済コンサートの記録映画「バングラデッシュのコンサート」は、レオン・ラッセルの名を(顔も)日本でも一躍!有名にした映像&音源だったわけで(特にザ・ビートルズフリークに)、又、カーペンターズで大ヒットした「スーパースター」の作者として、そしてこの後、暫くの間、カーペンターズは日本でも大人気であり、「シング 」「ジャンバラヤ」「イエスタデイ・ワンス・モア」とシングルカットされ大ヒットしたアルバム 、アルバムB面にはオールディーズのカヴァーを集め、日本のこの後のオールディーズブームのきっかけの1つでもあった「ナウ・アンド・ゼン」(Now & Then)の、A面2曲目に、こちら「マスカレード」が(This Masquerade)収録されていたり、レオン・ラッセルは当事、日本の洋楽ファン、ロックファンの間で、とてもホットな存在でありました。

勿論、レオン・ラッセルはそれ以前から、スタジオ・ミュージッシャンとして多くのレコーディングに参加していた、その世界では有名なミュージッシャン、プレイヤーズプレイヤーだったわけですが、レオン・ラッセル他、所謂スワンプ・ロックを有名にしたのは、当事、当代随一の!人気グループだった、ザ・ビートルズのジョージ・ハリスンが、ザ・ビートルズ解散直前から後の彼等への接近と、こちらも当事、カリスマギタリストとして人気抜群だったエリック・クラプトンがクリーム、ブラインド・フェイス解散後、彼等に急接近した事で、音楽雑誌はじめマスメディアがジョージとエリックの動向をとりあげた事で、日本でもスワンプ・ロックが一躍有名になったと記憶しております。






nice!(1) 
共通テーマ:音楽

レオン・ラッセル ジャンピン・ジャック・フラッシュ Jumpin' Jack Flash/Young Blood - Leon Russell (Concert For Bangladesh) [レオンラッセル]





インターネットだYouTubeだのの今を思うと、音楽情報などないに等しかった(笑)1970年代。新宿武蔵野館で観た1971年制作の、チャリティ・コンサート「バングラデシュ難民救済コンサート」を収録した記録映画「バングラデッシュのコンサート」は、それはそれは!衝撃でありました。なんたってザ・ビートルズ解散劇から時間もたってない頃、動くジョージ・ハリスンやリンゴ・スター、当時カリスマギタリスト!そのものであったエリック・クラプトンが劇場で観れたのですから。

蒼き当サイト運営者はレオン・ラッセルという名前、人を知るのはこの映画が初めてであり、ボブ・デュランはガロの「学生街の喫茶店」の歌詞で知ってましたが(笑)、こちらも動くデュランを観るのは初めて。ジョージ・ハリスンとリンゴ・スターは勿論の事、私的に印象深かったのは、やはりエリック・クラプトンの「いい男ぶり」と(笑)、レオン・ラッセルでしたね。

「ロック映画は当たらない」という映画業界で悪い風評を作ってしまった、鳴り物入りでロードショー上映した、かの有名な「ウッドストック」、ザ・ローリングストーンズの「ギミーシェルター」、ウイルソン・ピケットやサンタナ等が登場した「ソウル・トゥ・ソウル 魂の詩」、「フィルモア最期のコンサート」が、軒並み!商業的にはコケていたリアルタイム、ザ・ビートルズの「レット・イット・ビー」、エルビス・プレスリーの「エルビス・オン・ステージ」(オンツアーも)と共に、ロック映画では商業的に大健闘した「バングラデッシュのコンサート」は映画だったと記憶しております。



で、何故?イギリスのザ・ローリング・ストーンズの「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」(Jumpin' Jack Flash)を、アメリカ人のレオン・ラッセルがカヴァーしたのか?不思議な気分でしたが(ヤングブラッドとのメドレー)、後追いで、ストーンズやザ・ヴェンチャーズ、ジ・アニマルズのレコーディングセッションに参加していた、レオン・ラッセルは有名なセッションマンでもある事を知ったり、当時、日本でその人気がブレイクするとっかかりであったカーペンターズの「スーパースター」(アメリカで大ヒットしカーペンターズの名を一躍有名にした!クロス・トゥ・ユーは、リアルタイムは日本ではヒットしていない。スーパースターの大ヒットの後の後追いで認知されました)もレオン・ラッセルが作ったと知ったり、映画「バングラデッシュのコンサート」は、色々な事を、蒼き当サイト運営者は教えてもらった、想い出深い映画であります。

結局、この時期、酒とドラッグとセックスの日々の「引き蘢り」生活をしてたエリック・クラプトンは数年後、レオン・ラッセルの仲間のベースのカール・レイドル等と、自身のソロ活動を再開し再び脚光を浴びるわけで、カーペンターズの「スーパースター」もそれ以前にエリック・クラプトンとデラニー&ボニーがレコーディングしていた曲だったとか、又、ジャズギタリストの雄!ジョージ・ベンソンのバカ売れしたアルバム「ブリージン」でとりあげた「マスカレード」もレオン・ラッセルの曲だとか(カーペンターズもカヴァーしてますが)、バッドフィンガーのヒット曲「ウィズ・アウト・ユー」もレオン・ラッセルの曲だと知ったり、まあ、レオン・ラッセルには、随分、70年代、勉強させていただきました。







nice!(1) 
共通テーマ:音楽
レオンラッセル ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。