< J・ガイルズ・バンド:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
J・ガイルズ・バンド ブログトップ

J・ガイルズ・バンド 堕ちた天使(Centerfold) [J・ガイルズ・バンド]





1981年秋発表、1982年全米1位に輝いたJ・ガイルズ・バンドの「堕ちた天使」(Centerfold)。

こちらはアルバム「フリーズ・フレイム」( Freeze Frame)からシングルカットされた、80年代の曲ですが、グループは1967年に、J・ガイルズ・ブルースバンドとして結成され、1970年J・ガイルズ・バンドとしてデビュー。1974年から79年迄、リード・シンガーピーター・ウルフは女優フェイ・ダナウェイと結婚していた経歴もある、息の長かったバンドなのでアップいたしました。

80年代の洋楽およびロックバンドが、飛躍的な商業的大成功を手にするようになった要因に、「ベストヒットUSA」世代にはお馴染み!MTV(ミュージックテレビジョン)の影響があり、MTVの開局は1981年。J・ガイルズ・バンドの「堕ちた天使」(Centerfold)の、セクシーなソレは初期MTVの人気コンテンツだったわけで、この商法は当時は賛否両論ありましたが、音楽の売り方に映像、プロモーションビデオが入ってくる、とっかかりになったのが、こちらのグループ、楽曲だったわけであります。

「堕ちた天使」(Centerfold)は、ハイスクールの自分の彼女が、男性誌のピンナップの見開きページに載っていることにショックを受けた少年の物語で、まあ、今で言えば自分の彼女が、たまたま借りたエロAVに出てたというような感じでしょうか?。

当時の日本の感覚では、このへんのせつない物語はマイナーキー(短調)の叙情詩ふぉーくに合いそうでしたが、そこはアメリカンバンド、やたらと明るい曲調ですね。

まあ、音楽評論家の渋谷陽一氏が70年代末期から80年代初頭に「産業ロック」という言葉を作っていたのと(アメリカでも似たようなニュアンスの言葉があったよう)、MTV商法には批判的な意見も多かったので、J・ガイルズ・バンドは商業的大成功を手にはしますが、それ以前の渋いブルース、R&B、R&Rを演奏するJ・ガイルズ・バンドは、日本と違いアメリカではそれなりに名の知れたグループだったので、その音楽性の豹変に批判の的に晒されていたのも歴史の事実。

更にこの曲の大ヒットを機に、1983年シンガーのピーター・ウルフがグループを脱退。J・ガイルズ・バンドは1985年に活動停止。莫大な富と名声を得る大成功というのは、他のバンドでもよく見受けられますが、その後が大変、何かと難しいものだと、この曲も聴く度に思う次第であります、、、。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽
J・ガイルズ・バンド ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。