< EL&P:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

エマーソンレイク&パーマー EL&P Tarkus - Emerson, Lake & Palmer 1/2 タルカス [EL&P]





小室哲哉氏がTVによく出ていて、2台のキーボードを使ってるのを観て、「おーっ!キース・エマーソンがユーロやってる」と感じたほど(笑)、まあ、今(2012年)50半ば以上の古のロック、洋楽ファンには強烈な印象を残してるエマーソンレイク&パーマー(以下、ELO)。

ナイスのキース・エマーソン、キング・クリムゾンのグレッグ・レイク、アトミック・ルースターのカール・パーマーからなる、当時流行だったスーパーバンド、スーパーグループの1つとなっておりますが、当時の日本で最も有名だったのはキング・クリムゾンのグレッグ・レイクで、キース・エマーソンのナイスと、カール・パーマーのアトミック・ルースターを知ってる洋楽、ロックファンは相当!コアな方だったと思う、スーパーバンド、スーパーグループと言われたEL&Oの大成功で、そのキース・エマーソン、カール・パーマーの居たバンドという事で、案外、後追いでナイスとアトミック・ルースターを知った方が実は殆どではなかったか?と、当サイト運営者は思っております。



まあ、日本では圧倒的多数ファンを持つディープ・パープルのファンには、クラシックコンプレックスを持っていたらしいジョン・ロードが、同じロック、ポップス畑ゆえライバル意識をもっていたキース・エマーソン。そのキース・エマーソンがオーケストラとの競演に成功したから、リッチー・ブラックモア提唱のハードロック路線に行く前、ディープ・パープルもオーケストラとの競演アルバムを出しているという逸話でも、キース・エマーソンは有名だと思います。

又、レッド・ツエッペリン、ザ・ビートルズファンにも、当時メロディ・メーカー誌で長年人気投票1位だったザ・ビートルズにかわり(解散したから)トップになったのがレッド・ツエッペリンという伝説、逸話も有名だと思いますが、翌年1位になるのがこちらEL&P。

又、1972年のEL&Pの初来日公演は、グランドファンクと同じ後楽園球場であり、当時のレッド・ツエッペリン、ディープ・パープルの初来日公演が日本武道館だった事を思うと、如何に!当時の日本でEL&Pとグランドファンクが超人気バンドだったか、後世の方にも理解出来ると思われます(関西公演は阪神甲子園球場。前座があの!フリー)。

ご紹介している1971年の「タルカス」(Tarkus)をタイトルアルバムにした、EL&Oのセカンドアルバムは唯一の!地元、全英で1位を獲得したアルバムですが、日本のファンにもお馴染み「展覧会の絵」(1971年)は3位、「トリロジー」「恐怖の頭脳改革」(1973年)は共に2位と、当時のEL&Pが如何に商業的にも大成功した人気グループだったか、後追いの方もわかる記録だと思われます(アメリカでもイギリスほどではないにしても、それなりに商業的に成功しております)。

「タルカス」(Tarkus)、聴いていただけばわかる通り、この後の日本のロックバンド、ミュージッシャン、アレンジャーに相当!強い影響を残してるのがわかると思います。

1980年代の「ベストヒットUSA」世代の方には、こちらも!1982年結成のスーパーバンド、スーパーグループ「エイジア」の創設メンバーとしてグレッグ・レイクとカール・パーマーは知られてますね。






nice!(0) 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。