< オールマンブラザーズ:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
オールマンブラザーズ ブログトップ

オールマン・ブラザーズ・バンド Allman Brothers Band - Ramblin' Man [オールマンブラザーズ]





オールマン・ブラザーズ・バンドは、デュアン・オールマン存命時の、不朽の名ライブアルバム!「フィルモア・イースト・ライヴ」(At Fillmore East)が人気がとても高いですが、デュラン亡きあと(バイクによる交通事故)ディッキー・ベッツが中心になって放った1973年の全米大ヒットナンバー「ランブリンマン」(Ramblin' Man)収録の、こちらのアルバム「ブラザーズ・アンド・シスターズ」(Brothers And Sisters)がオールマン・ブラザーズ・バンドの最大のヒットアルバム(全米1位)。

オールマン・ブラザーズ・バンドは、そのライブアルバムでの黒っぽく粘っこいブルースを奏でるイメージが強いので、こちら白人のC&Wの世界の「ランブリンマン」(Ramblin' Man)は、アメリカで大ヒットしたわりには、日本でリアルタイム、それほど売れた、大人気だったという記憶がありませんが(勿論!それなりにヒットはしましたが)、誠に!名作であります!。

このアルバムのセッション中、デュアンに続きベーシストのベリー・オークリーが、デュアンと同じオートバイ事故で他界してしまう、バンドは不幸に見舞われますが、新ベーシストにラマー・ウィリアムズを入れ、無事アルバムを完成させ、そしてアルバム、シングル共にアメリカで大ヒットし、オールマン・ブラザーズ・バンドのアメリカでの人気は、頂点に達したようでありました。

しかし、後のイーグルスが「ホテルカリフォルニア」の大ヒットで、その人気は頂点に達した後、解散に向かって突っ走ったように、オールマン・ブラザーズもこのシングル、アルバムの大成功でアメリカでの人気が頂点に達した3年後の1976年、解散してしまうんですね(その後、再結成、解散、再々結成)。

まあ、この当時はロックバンド、ロックミュージッシャンは「短くも美しく燃え」みたいなのが、世界の風潮でしたから、死亡や解散含め、所謂「ロック伝説」は随分と残っております。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

ストーミーマンデー Allman Brothers / Stormy Monday [オールマンブラザーズ]





当時のロックキッズ、ギターキッズの1家に1枚、なければモグリだった(笑)こちらもアルバムでした。1971年発表されたオールマン・ブラザーズバンドの「フィルモア・イースト・ライヴ」(At Fillmore East)。

日本にサザン・ロックが浸透したのはこちらのアルバムと、エリック・クラプトンのデレク&ドミノスの「愛しのレイラ」と言っても過言ではないかも知れないす。昨今もプレイヤーサイドの方々のセッションで、よく演奏されるストマン、ストーミーマンデー( Stormy Monday)は、オリジナルのT-ボーン・ウォーカーヴァージョンではなく、だいたいこちらオールマンブラザーズバンドヴァージョンをベースにして行われますね。

そのクラプトンとの「愛しのレイラ」セッションと、こちらディッキー・ベッツとのツインギターにより、オールマンブラザーズバンドの名前を世界に知らしめたライブアルバムで、その人ありと言われるようになる1971年、デュアン・オールマンはバイク事故で他界してしまいました。享年24才。

翌年にはベーシストのベリー・オークリーも、同じようにバイク事故で死亡する不運にバンドは見舞われますが、ディッキー・ベッツを中心に新メンバーを入れ活動。この後、商業的にも「Brothers And Sisters」がビルボードアルバム・チャートNo.1を獲得、ディッキー・ベッツの「Ramblin' Man」はバンドの最大のヒット曲となり、「ジェシカ」(Jessica)はサザンロックを代表する名インスト曲となり、ライブ集客も凄くアメリカの国民的な人気バンドになる、バンドのピーク期を迎えます。



が、人気頂点の1976年、デュアン・オールマンは心から敬愛していたようですが、弟のグレッグ・オールマンとは折り合いが悪かったディッキー・ベッツの不仲が原因でバンドはあえなく解散。されど、このへんがアメリカンバンドらしいですね、2年後の1978年にはもう再結成し1982年に又、解散しております。

1989年、バンドは2度目の再結成。今に至っておりますが、ディッキー・ベッツは2000年にバンドを再び離れてるようです。

こちらのアルバムは、アレサ・フランクリン、ウィルソン・ピケットといったR&B、ジャズ、ブルースのアルバムから、クリーム、そしてエリック・クラプトンの「愛しのレイラ」「461オーシャンブールバード」等を手がけた、名匠!トム・ダウトがプロデュースしております。




nice!(0) 
共通テーマ:音楽
オールマンブラザーズ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。