< ブレッカーブラザーズ:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
ブレッカーブラザーズ ブログトップ

ブレッカーブラザーズ Brecker Brothers - Some Skunk Funk [ブレッカーブラザーズ]





しかし、、、何時聴いても、幾つになっても痺れる!最高の1曲でございます!!。

1978年リリースのザ・ブレッカーブラザーズ名義の4作目のアルバム!その名も!「ヘヴィーメタル・ビバップ」(Heavy Metal Be-Bop)。こちらはその中に収録されていた「サム・スカンク・ファンク」(Some Skunk Funk)。

おそらくファンク(ヒップホップ?)を、パンクやハードロックなどと混ぜ合わせた、ミクスチャー・ロック(日本の造語)と呼ばれる80年代以降のレッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers)登場以降 が、思春期の洋楽のとっかかりだった世代の方が、案外、リアルタイム70年代世代より、こちらの楽曲、演奏、ジャンル分け抜きで自然に!素直に!理屈抜きで、楽しめるんじゃないかな?と思ったりしております。



クロスオーバー、ジャズ、フュージョンとジャンル分けされるとそちらに区分けされるブレッカー・ブラザーズですが、ランディとマイケルのブレッカー兄弟は、ブラスロックと言われたブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ(BS&T)、ロックと言われるエアロスミス、ファンクと言われるパーラメント(Pファンク)、ミクスチャー・ロックの元祖と言えなくもないフランク・ザッパのアルバムに参加したり、わりとノンジャンルな活動を当時からしていたわけで(まあ「仕事」だからと言ってしまえばそれまでですが)、アルバム「ヘヴィーメタル・ビバップ」(Heavy Metal Be-Bop)も、こちら「サム・スカンク・ファンク」(Some Skunk Funk)も、如何にも!そんなブレッカー兄弟「らしい」サウンドだと強く感じられます。

アルバム「ヘヴィーメタル・ビバップ」(Heavy Metal Be-Bop)のドラマーは、後にジェフ・ベック、スティーヴ・ヴァイ、ビリー・シーンとロックシーンで高名な方々との競演でお馴染み!テリー・ボジオですし、テリー・ボジオはそれ以前のフランク・ザッパのバンドでブレッカー兄弟は競演してたのがきっかけで呼ばれてるようですし、ビル・ブラッフォードの後釜でプログレと言われるUKにも参加していたり、こちらテリー・ボジオもノンジャンル(ザ・ナックのメンバーとしても活動もありますし)。

しかし、、、今のyoutubeの時代、、、

凄い時代になったものでございます。このへんの音源だけに限らず映像まで観れるなんて凄い!。レッチリ登場以降の若い(?)方々に、是非!聴いていただきたいこちら1曲でございます。70年代は凄かった(爺の戯言にて恐縮)。






コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ブレッカーブラザーズ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。