< キャプテンビヨンド:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
キャプテンビヨンド ブログトップ

キャプテンビヨンド Captain Beyond Live 1972 [キャプテンビヨンド]





1970年前後、流行った、有名なバンドのメンバーが終結する所謂「スーパーバンド」の1つ(日本ではジュリー、沢田研二氏、ショーケン、萩原健一氏等のPYGがそれを目指していたそう)。

ボーカルは「ハッシュ」のヒットを放っていた頃のディープ・パープルのロッド・エヴァンス、ギターのラリー・リノ・ラインハルト、ベースのリー・ドルマンはアイアン・バタフライ、ドラムのボビー・コールドウェルはジョニー・ウインターバンドと、正に!当時は高名なバンドに在籍していたメンバー達による、そのスーパーバンドの1つが、こちらキャプテン・ビヨンドです。

1972年発表されたデビューアルバム「キャプテン・ビヨンド」(Captain Beyond)は、当時、日本でも流行っていたプログレとハードロックを併せ持つ、ボーカルのロッド・エヴァンス以外、アメリカ人なのに陰影を帯びたブリティッシュ・ロック色が日本人の琴線に触れたのか?、それなりに日本のニューロックファンには支持され、日本では少し売れたのですが、本国アメリカで商業的に大ブレイクする事はなかったようです。




4人編成、ボーカリストを抜かすとスリーリズム、キーボードレスなのにプログレっぽい、このサウンドの充実感は凄いなと、今更ながら、こちらの映像、音源を聴いてて思うのですが、何故?ロック界のビッグネームになれなかったのか?当サイト運営者は今も謎であります。

こちらのライブ映像、音源はそのファーストアルバムのA面1曲目から、メドレーのように繋がり流れる「過去への乱舞(大気の海)」「アームワース」「近視空間」と、如何にも!プログレの邦題っぽい曲名のつく(笑)私的には一時、引き込まれるように魅了され聴きまくったソレを、真面目に忠実に再現しております。
 



コメント(0) 
共通テーマ:音楽
キャプテンビヨンド ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。