< ユーライアヒープ:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
ユーライアヒープ ブログトップ

対自核 URIAH HEEP -- Look At Yourself 1971 [ユーライアヒープ]





自分が蒼きティーンエイジャーのとっかかりの時代だったせいもあり、1970年代の「ロック」、ハードロックのイメージは、グランドファンクの「ハート・ブレイカー」と、こちらユーライア・ヒープの「対自核」(Look At Yourself )の印象がとても強かったですね。

1971年、アルバム「対自核」 ( LOOK AT YOURSELF)からシングルカットされた、こちら同名シングル盤、当時の日本のニューロックファンに人気だった「プログレ」のようなオルガン、キーボード使い、「ハート・ブレイカー」同様、日本人好みのマイナー(短調)キー、そしてある種「仰々しい」作風が日本人の琴線に触れたのでしょうか?。

とてもアーチスティックに感じられたのか?ニューロックファンに圧倒的に支持され、そして一般のポップスファンにも支持されたのも注目したい所で、普通のラジオのポップスヒットチャート番組でも頻繁に流れ、そしてランキング上位にランクされていた、相当!日本で受けた曲と記憶しております。

この後の日本のロックバンドもかなりこの作品の影響受けた演奏、アレンジだと感じる楽曲もありますし。

1980年代以降、世界的に人気の高まっていたヘビーメタル、LAメタルブーム、そしてジャパメタブームでユーライア・ヒープは、レッド・ツエッペリン、ディープ・パープルブラック・サバス等と並び、イギリスのハードロックシーンの素を築いたバンドと再評価され今に至っておりますが、この曲のあまりのポップチャート含む大ヒットで、70年代は案外「一発屋」的な印象もなきにしも非ずで、特に70年代後半にユーライア・ヒープの名前が、一般的には勿論、ロックファンの間でも出てるのを聞いた事は、当サイト管理人はなかったですね、、、。



しかしこの「対自核」というタイトル。ピンクフロイドの「原子心母」と並ぶ!なんだか意味がよくわからない言葉(笑)、よくわからないから「アーティスティック=プログレ=オレは頭が良いセンスが良い」となる(笑)日本人の国民性、プライドと琴線に触れた、レコード会社会心の!邦題だと思いまする。

Look At Yourself →「自分自身を観る」、、、だから「対自」としても「核」って何だ?と。未だに実はよく意味がわからないのですが(笑)、まあ、いいと。この曲の題名はリアルタイムの人間は、 Look At Yourself ではなく、絶対に「対自核」なのであります(笑)。


コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ユーライアヒープ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。