< CSN&Y:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

クロスビースティル&ナッシュ 青い目のジュディ Crosby, Stills & Nash - Suite: Judy Blue Eyes [CSN&Y]





1970年代後半。「呪われた夜」「グレイテストヒッツ」「ホテル・カリフォルニア」で日本でも大ブレイクしたイーグルスは、確かに70年代後半を代表するアメリカンバンドだったと思いますが、必ずしもイーグルスは70年代前半、少なくとも日本では有名ではなかった。殆どの当時の日本人は「グレイテストヒッツ」で70年代前半の曲を後追いで知り、それ以前からイーグルスを自分は知っていたと、記憶の錯覚をしているだけで、70年代初頭、日本で圧倒的に!人気があったのは、あの傾倒のアコースティック&総ハーモニースタイルのアメリカンバンドは、クロスビースティル&スナッシュ(CS&N)、またはクロスビースティルスナッシュ&ヤング(CSN&Y)でした。

折からの歌謡史に残る空前の和製ふぉーくブーム、CSN&Yに影響を受けた方々は、有名なガロはじめ相当いた筈で、又、CS&N、CSN&Yはニューロックファンにもとても人気の高いグループでした。

まあ、ジミ・ヘンドリックスがトリをつとめた有名なドキュメンタリー映画「ウッドストック」の、そのサントラ盤で観る事、聴く事ができるこちら「組曲;青い目のジュディ」(Suite: Judy Blue Eyes)の影響、あとメンバーが、クロスビーは「Mrタンブリンマン」のヒットで有名なバーズ、ナッシュはこちらも「バスストップ」のヒットで有名なホリーズ、そしてスティルスとヤングは、日本の「はっぴいえんど」が影響を受けたと伝わるバッファロースプリングフィールドから参加してる、当サイトでも何度もご紹介しております、あの当時、話題だったCSN&Yも!スーパーグループ、スーパーバンドだったから、ニューロックファンにも人気が高かったと思われます。

ちなみにこのレコーディングの時、ヤング、ニール・ヤングは未だ参加しておりません。クロスビースティルス&ナッシュ(CS&N)でした。ウッドストックの映像ではCSN&Yで観れますが。

結局、CSN&Yは70年代初頭だけの活動だったので(再結成してますが)、70年代後半が思春期ど真ん中世代の層には、このスタイルのグループはやはりイーグルスであり、それ以前世代層は、イーグルスが大人気の頃はもう既に大人になっていたので、それほどイーグルスに思い入れはない、やはりこのスタイルのグループは、CS&N、CSN&Y。まあ、若い頃の数才の違い、多感な思春期に何が当たるか?の思い入れの差というのは、大きいと思われますね。






nice!(2) 
共通テーマ:音楽

CSN&Y - Deja Vu  クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング デジャ・ヴ [CSN&Y]





ある年齢以上の方には、谷村新司氏の深夜放送「セイヤング」の、超常現象だか超心理学だかの(すいません。正式な名称、失念いたしました)コーナーの冒頭のBGMで、こちらデジャヴ(Deja Vu )使われていたので、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)に詳しくない方でも聴き覚えがあると思います。

元バッファロー・スプリングフィールドのスティヴン・スティルス、「ミスター・タンブリンマン」でお馴染み元バーズのデヴィッド・クロスビー、こちらは「バスストップ」のヒットでお馴染み、元ホリーズのグラハム・ナッシュの3人で結成した「クロスビー、スティルス&ナッシュ」(以下CS&N)が母体であり、3人でアルバムも発表、活動しておりましたが、バッファロー・スプリングフィールド時代、あまりスティヴン・スティルスと仲は良くなかったらしいニール・ヤングが加わり4人になったのが、クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)。

当時、流行りだった、ある種スーパーバンドの1つで、非常に!70年前後、アメリカでも日本でも人気の高かったグループですね。

「デジャ・ヴ」(Deja Vu)は、そのクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングが1970年に発表したファースト・アルバムのタイトル名、アルバム収録曲ですが、例の1969年の「ウッドストック」参加と「デジャ・ヴ」の成功によりスーパーグループになるも、やはり!バッファロー・スプリングフィールド時代以来のスティルスとヤングの対立などのため、ニール・ヤングがこのグループに在籍にしたのは僅かに1年ほどで(後、再結成)、CSN&Yなのか?CS&Nなのか?管理人はかなり後になる迄、よく呼び名を間違えていたグループでした(汗)、、、。

イーグルスはともかく、あの!レッド・ツェッペリンもCSN&Yの影響を認めており、こてこてのハードロックファンには、そういう事をやらなかったディープ・パープルの方が「気持ち良かった」わけですが、レッド・ツェッペリンのアルバムの中のアコースティックな部分、ライブでも途中で座って演奏していたアコースティックコーナーは、コアなレッド・ツエッペリンファンには今も人気が高いです。




コメント(0) 
共通テーマ:音楽
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。