< バッドフィンガー:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
バッドフィンガー ブログトップ

デイ・アフター・デイDay After Day/バッドフィンガーBadfinger [バッドフィンガー]





バッドフィンガーの前身となるパンサーズ(The Panthers)は1961年の結成で、バンドの歴史はかなり古く、1969年、更にバンド名を変更していたアイヴィーズは再出発をはかるにあたり、ザ・ビートルズのナンバー「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」 (With a Little Help from My Friends) の当初の曲名だった「バッドフィンガー・ブギ」より名をとってバッドフィンガーと改名。

ザ・ビートルズの弟分的バンドとして華々しく再デビューを飾ったバッドフィンガーは1971年、日本でも大ヒットした!三枚目のアルバムストレート・アップ」からの、こちら「デイ・アフター・デイ」(Day After Day)が大ヒット(プロデュースジョージハリスンとトッド・ラングレン)。

バンドは人気の上昇にともないザ・ビートルズの「アップル・レコード」関係の多くのセッションに参加するようになり、ジョージ・ハリスンの「オール・シングス・マスト・パス」、リンゴ・スターのシングル「明日への願い」ではバック・ボーカル、ジョン・レノンのアルバム「イマジン」。そして4人のメンバー全員が1971年8月にバックアップ・ミュージシャンとしてジョージ・ハリスンの「バングラデシュ・コンサート」に参加しているので、当時のザ・ビートルズファンにとって、バッドフィンガーはごく自然に覚えられたバンド、グループだったと記憶しております。

が、しかし、、、ザ・ビートルズ解散後の「アップル・レコード」は財政的に非常に混沌としていたり、ザ・ビートルズファンの間では悪名高い!社長のアラン・クレインとバッドフィンガーもあまり良好な関係ではなかったようで、この後、バンド間のトラブル、金銭トラブル、そしてメンバーの自殺等、バッドフィンガーの歴史は、とても暗いものだったのはファンの方なら、誰もがご存知の筈。

そんなバンドの栄光と挫折を思いつつ、デイ・アフター・デイ(Day After Day)を聴くと、泣けるものがございます。





コメント(0) 
バッドフィンガー ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。