< チックコリア:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
チックコリア ブログトップ

スペイン Chick Corea & Return To Forever " Spain" (1972) [チックコリア]





ハービー・ハンコックの後にマイルス・デイビスバンドで鍵盤を担当した、エレクトリック・ジャズの黎明期を担ったチック・コリアと、スタン・ゲッツのバンドなどで活動していたベーシストのスタンリー・クラークと中心になって作ったリターン・トゥ・フォーエバー。

ロックと言われるカルロス・サンタナとジェフ・ベックが、1970年代初頭、ジャズフュージョン、当時はクロスオーバーと呼ばれていた、こちらリターン・トゥ・フォーエバーとジョン・マクラフリンのマハビシュヌ・オーケストラに影響を受けていたのは、ファンの方なら誰でもご承知だと思う、カルロス・サンタナもジェフ・ベックもリターン・トゥ・フォーエバーのスタンリー・クラークと競演もし音源も残しておりますので、70年代のロックをテーマにしてるサイトですが、そういう理由で何処迄がロックで、何処からがクロスオーバー(後のフュージョン)で、何処からがソウルでファンクでR&Bなのか?当サイト運営者、区別をしかねますので(笑)アップいたしました。

1972年、グループ名通りのデビューアルバムの次に発表されたアルバム、「ライト・アズ・ア・フェザー」(Light as a Feather)に収録されていた、昨今も高名無名問わずセッションでよく演奏されるリターン・トゥ・フォーエバーの代表的なナンバー。

参加ミュージッシャンは、

チック・コリア - エレクトリックピアノ
ジョー・ファレル - サックス、フルート
スタンリー・クラーク - ウッド・ベース、エレクトリックベース
フローラ・プリム - ボーカル、パーカッション
アイアート・モレイラ - ドラムス、パーカッション

で、こちらの音源で使われている画像の、チック・コリアとスタンリー・クラークにアル・ディ・メオラ(G)とレニー・ホワイト(Dr)の、フュージョンファンであろうがなかろうが、ちょっと70年代(80年代も?)の音楽ファンやってた方なら誰もが!ご存知のメンバーになるのは、もう少し後ですね。

当時「早弾きチャンピオン」的な扱いをされていたので、ロックファンからも注目を集めていたアル・ディ・メオラが加入したせいでしょうか?、ギターでセッションやる方とても多いですが、オリジナルは聴いての通りギターレスでございます。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

リターントゥフォーエバー/Return to Forever Return to Forever Part 2 [チックコリア]





何時聴いても、幾つになっても、ぞくぞくする名曲でございます。


リターン・トゥ・フォーエヴァー
2009年には日本の上原ひろみさん、レニー・ホワイトと組んでスタンリー・クラーク・トリオとして「Jazz in the Garden」を発表した、ジェフ・ベックとの競演もあるのでロックファンにも有名なベーシスト、スタンリー・クラーク。

そのスタンリー・クラークの名を一躍有名にしたのが、このリターン・トゥ・フォーエバー。

リターン・トゥ・フォーエバーは、マイルス・デイヴィスの作品でエレクトリック・ジャズの黎明期を担ったチック・コリアが結成したバンドで、こちらは1972年に発表されたアルバム、通称「かもめ」。

「リターン・トゥ・フォーエバー」Return to Foreverは、所謂「フュージョン」に分類されますが(リアルタイム当時『フュージョン』という言葉があった記憶は、管理人はございませんが)、コアなロック系のプレイヤー、ロックファンのオーディエンスにもリアルタイム多大な影響を与えた、「かもめ」は傑作アルバムでございます。

特に、日本のサディスティック・ミカ・バンドのアルバム「黒船」は、このアルバムの強い影響下にあったのではないか?と、全く!個人的な!感想で何の確証もない戯言ですが、何時も感じております。

ちなみに日本の歌謡ヒットのみならず、ニューオリンズ、プエルトリコ、ラスベガス、ネバダ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ハワイなどでも公演していた日本の朱里エイコさんの、1979年の「窓あかり」のドラムを叩いているのは、このグループの名ドラマー!レニー・ホワイトです。


Amigos

一般的にロックの分野に入るカルロス・サンタナは、1980年前後の所謂「フュージョンブーム」がくる以前から!、1975年の「不死蝶」でリターン・トゥ・フォエバーのスタンリー・クラーク、アイアート・モレイラ等と競演しておりますが、ジェフ・ベックの大成功と異なり、残念ながら商業的には成功に至りませんでした。

70年代初頭は商業的に空前の!大成功を収めていたサンタナが、この所謂「フュージョン」、当時の名称は「クロスオーバー」系に流れた時期、商業的には下降していたのが当時のリアルタイムの実情で、これらサンタナのアルバム「ウエルカム」「啓示」「不死蝶」の、ラテンロックの王者から所謂フュージョン、クロスオーバーアプローチのアルバムの商業的な失敗の結果、ラテンロックの王者への回帰アルバム、こちらは大ヒットした1976年の「アミーゴ」からシングルカットされ、日本でも大ヒットしたのが、あの!「哀愁のヨーロッパ」でございます。




nice!(0) 
共通テーマ:音楽
チックコリア ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。