< ジミヘンドリックス:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
ジミヘンドリックス ブログトップ

ジミ・ヘンドリックス 恋のメッセージ Jimi Hendrix - Message to Love [ジミヘンドリックス]





エクスペリエンスを解散後、例の有名な「ウッドストック」出演でのジプシー・サン・アンド・レインボウズを経てジミ・ヘンドリックスが結成した、同じトリオでも白人ドラマー&ベーシストのエクスペリエンスとはうってかわって、全員がアフリカンアメリカンの黒人ファンクロックトリオとでも申しましょうか?そんな言葉、当時はありませんでしたが(汗)、バンド・オブ・ジプシーズの「恋のメッセージ」(Message to Love)。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ登場以降の、ハードロックやファンクやパンクを合わせたミクスチャー・ロック(和製英語だそうですが)が当たり前の洋楽、音楽ファンの方なら、何の違和感もないサウンドと思われますが、当時、こういうミクスチャー・ロックという概念は勿論ありませんし、そもそもファンクという音楽が、未だ未だ全然!日本ではメジャーな音楽ではなかったので、いや、殆どの日本人は知らなかったと言い切っても良いでしょう、、、

既にウイルソン・ピケットやジェームス・ブラウン等が、60年代からファンクを実践しておりましたが、ブーツィー・コリンズ等が加わった極めて短い期間とはいえ「セックス・マシーン 」「スーパーバッド」 「ソウル・パワー 」等の、今もジェームス・ブラウンの代表曲として人気の高いファンクを、ジェームス・ブラウンが作りだすのはバンド・オブ・ジプシーズ登場の少し後から71年にかけての事で、日本の60年代ゴーゴー、70年代半ば頃迄のディスコになる前の「踊り場」に出入りしていた不良達には、圧倒的に!ファンクは人気がありましたが、一般的に当時の日本では未だ未だファンクは未知の音楽。

ジミ・ヘンドリックスがこの頃、ソウルフルでファンキーなグループ。バンド・オブ・ジプシーズで何をやろうとしてたのか?、なかなか特に日本では伝わりずらかったのではないか?と記憶しております(エクスペリアンスのデビューシングルB面「ストーン・フリー」も、ファンクロックサウンドでしたが)。

バンド・オブ・ジプシーズは、ジプシー・サン・アンド・レインボウズ同様、短命でセッショングループっぽい印象も強いので、その評価が当時は低かったのかも知れませんが、ジャズの帝王マイルス・デイビスが「1968年に真剣に聴いていたのは、ジェームス・ブラウン、ジミ・ヘンドリックス、スライ&ファミリー・ストーンだった」と発言してるように、ジミはマイルス・デイビスともしかしたら一緒にやっていたかもしれない説含め、バンド・オブ・ジプシーズ後、ベースのビリー・コックスは残し、ドラムを再びバディ・マイルスからミッチ・ミッチェルにかえ活動していた最中、1970年9月、ジミは死亡してしまったので、『ジミがもしあのまま生きていたら?どんな音楽をやっていただろうか?』という仮説が、ずーっと!ロックファン、ギターファン、音楽ファンは想像を膨らませるわけであります。






nice!(1) 
共通テーマ:音楽

映画「ウッドストック」/Jimi Hendrix - Star Spangled Banner Live Woodstock [ジミヘンドリックス]





今や!伝説の!1969年「ウッドストック」ですが、日本では1970年になってから公開されたこの映画、大々的に当然!大ロードショーを映画会社は敢行したのですが、見事に!商業的には大コケ!(ストーンズの『ギミーシェルター』もしかり)、、、。


ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 40周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション [DVD]

勿論、一部のコアなニューロックファン達には称賛され、衝撃を与えた映画でしたし、ロック史に残る記録映画なのは間違いのない事実ですが、日本ではリアルタイム(上映には少しタイムラグがあります)ロードショーは、商業的には全く駄目、配給会社は真っ青の!大コケだったんですね。

ロードショー上映が1970年として、その時20才の若者は2011年現在、61才です。若者の皆さんが普通に生活し仕事し、回りにジミ・ヘンドリックスとウッドストックの想い出を語る61才の男女、おりますでしょうか?(汗)接するでしょうか?、、、殆どいないのが現実ではないでしょうか?それがこの映画のロードショー上映がリアルタイム、大コケした証拠です。

ところがこの記録映画、名画座で何度も何度も何年も何年も色々なロック映画と抱き合わせで上映され、その後の70年代のコアなロックキッズ達の熱い支持を受け続け「どさ回り」でロングラン上映になり、今の「伝説的映画」の立ち位置を不動のものにしたわけであります。


ライヴ・アット・ウッドストック
更に!80年代になってレンタルビデオビジネスが確立されてからは、70年代のこうした名画座でのロングラン上映のロングランが功を奏し大ヒット商品になり、今に至ってるわけであります。

で、極めて守銭奴的、商業的な「いやらしい」考え方をすれば、ジミ・ヘンドリックスはこの「ウッドストック」出演の翌年、1970年9月18日に死亡しており、「ウッドストック」は日本では1970年7月、若者の夏、盛夏に上映されているので、もし!あと2、3ヶ月遅いジミ・ヘンドリックスが死亡した9月18日以降、ロードショーが開始されていたら、ジミ・ヘンドリックスの追悼映画として映画会社、マスメディアも大宣伝したでしょうから、もう少しマシな商業記録になったのではなかったか?、そうなれば日本のその後の「ロックの歴史」も変わっていたかもしれないなと、思ったりいたします。

なんたってこちら、「ウッドストック」でトリをつとめた不世出の!天才!ギタリスト!ジミ・ヘンドリックスは、ローリングストーン誌では2003年「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において第1位、「ギター・マガジン」誌でも2010年「ギター・マガジンが選ぶ! 史上最も偉大なギタリスト100人」でも1位に選ばた凄いギタリスト!、、、最初のロードショー上映が日本では商業的に大コケした映画「ウッドストック」。残念でなりません。

ちなみにこの映画の撮影、編集に携わったのは、1970年代に入り、フランシス・フォード・コッポラやジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ブライアン・デ・パルマといった若手監督たちと親交を深めるようになり、1976年、デ・パルマに紹介されたポール・シュレイダーの脚本を映画化した「タクシードライバー」の大ヒットで、一躍!時の人になった、マーティン・スコセッシでございます。




ディレクターズカット ウッドストック 愛と平和と音楽の3日間 40周年記念 [Blu-ray]


ライヴ・アット・ウッドストック [DVD]


ウッドストック

nice!(0) 
共通テーマ:音楽
ジミヘンドリックス ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。