< 鈴木茂:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
鈴木茂 ブログトップ

BAND WAGON 砂の女/鈴木茂 [鈴木茂]





はっぴいえんど解散後、細野晴臣氏らとキャラメル・ママを結成、ティン・パン・アレーへと発展させた最中、1975年、単身渡米、リトル・フィート、サンタナ、タワー・オブ・パワー、スライ&ファミリー・ストーンのメンバー等を集め製作した鈴木茂氏のファーストソロアルバム、ロサンゼルス録音の「BAND WAGON」。A面1曲目「砂の女」。

1975年というとユーミン、荒井由実さんの「COBALT HOUR」(コバルト・アワー)の録音に参加されてる頃とはいえ、ユーミン突然の!商業的大ブレイクは同年夏の、ばんばんに楽曲を提供した「いちご白書をもう一度」の大ヒット、10月発売のティン・パン・アレーが演奏している「あの日に帰りたい」(コーラスは赤い鳥、ハイファイセットの山本潤子さん、吉田美奈子さん、シュガーベイブ)の、ユーミン初の!大ヒットから1976年ですから、それほど当時、海外に渡って海外のミュージシャン達を集めてレコーディングが簡単にできるほど、鈴木茂氏の資金繰りが極めて順調だったとは思えませんので(当時は鈴木茂氏に限りませんが)、よくぞあの時代にアメリカに渡って製作されたアルバムだと、今も感心する1枚であります。

勿論,当時のマスメディアですから、このアルバムが大々的に話題にされる事もなく、オリコンチャート何位とかになるようなヒット曲でも「砂の女」はなく、プレイヤー、音楽関係者、コアな音楽ファンの間の口コミで、じわじわとロングヒットを続けた、当時はかなり珍しかったアメリカ録音の、名アルバムでございます。




ハックルバック


キャラメルママ(紙ジャケット仕様)


風街ろまん

nice!(0) 
鈴木茂 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。