< エルトンジョン:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
エルトンジョン ブログトップ

クロコダイルロック Elton John ~ Crocodile Rock [エルトンジョン]





1973年発表のアルバム「ピアニストを撃つな!」(Don't Shoot Me I'm Only the Piano Player)の先行シングルとして1972年10月に発売された「クロコダイル・ロック」 (Crocodile Rock) 。

ヒットメーカー!エルトン・ジョン初の全米1位はこの曲であり、折からのR&Rリバイバルの空気盛り上がる中、見事に乗って売れに売れまくった、日本でもその名を不動のものにした会心の!ご機嫌な!R&Rナンバー。

この後、2011年、経済誌フォーブス誌「世界中で最も稼いでいるミュージシャン」によりますと、エルトン・ジョンは1億ドル(日本円で約80億円)で3位にランク。そのとっかかりの快進撃が、この曲ではじまったのであります。

4歳の頃からピアノを弾き始め、エルトン・ジョンのピアノ教師によると1度聴いただけのフランツ・ヨーゼフ・ハイドンの楽曲を完璧に弾くことができたという、彼は神童だったのであります。11歳の頃に王立音楽院に合格。ヨハン・ゼバスティアン・バッハやフレデリック・ショパンの演奏を得意としてたそうな正に!神童。

その神童がR&Rに痺れ、それをやる所がエルトン・ジョンの素敵な所でございます。

しかし神童、天才、富と名声を得るエルトン・ジョンも同性愛者、なれど女性と結婚離婚後、薬物とアルコール依存症、過食症の為、1990年には更生施設に入院。1994年に初めてエルトン・ジョンとジョイント・ツアーを行ったビリー・ジョエルもアルコール依存症、鬱病を病んでるようで、ほんに人生は色々でございます、、、。




コメント(0) 

土曜の夜は僕の生きがい Elton John - Saturday Night's Alright For Fighting [エルトンジョン]






黄昏のレンガ路

1972年の「ホンキー・シャトー」(Honky Château以降アルバムが7枚連続全米首位を記録。1975年には「キャプテン・ファンタスティック」Captain Fantastic and the Brown Dirt Cowboyで全米ビルボードのアルバムチャート史上初の!初登場1位を記録した、商業的にも人気絶頂だった頃のエルトン・ジョンが放った世界的なR&Rリバイバルブーム、日本と英国ではグラムロックも流行っていた1973年のアルバム「黄昏のレンガ路」Goodbye Yellow Brick Roadからのシングルヒット、「土曜の夜は僕の生きがい」Saturday Night's Alright For Fighting。他のシングル、アルバム同様、日本でも大ヒットいたしました。

ちなみにこの年にアメリカで、フランス・F・コッポラ製作、ジョージ・ルーカス監督の「アメリカン・グラフィティ」が製作(日本での上映は1974年12月より)されているのは、音楽的なR&Rリバイバルブームに関係があったと考えても、良いのではないでしょうか?。

日本でアカデミックなピアノ教育を受けてる受けた人は、R&Rを嫌い軽視する傾向がなきにしもあらずですが、エルトン・ジョンは4歳の頃からピアノを弾き始め、神童と呼ばれるほど、耳で聴いた如何なるメロディーも演奏することができたそうで、11歳の頃に王立音楽院に合格していても、R&R好き、ライブでは派手なパフォーマンスつきでR&Rをやるんですね。

勿論、エルトン・ジョンのバラードも秀逸な名作が多く、このへんメロディメーカーと言われても、自分はロックンローラーであると断言するポール・マッカートニーと同じで、民族性の違いなのでしょうか?、英国人、英国ロッカーってカッコイイな、音楽の造形も懐も深いなと若い頃から感じておりました。




プレイ・ピアノ with エルトン・ジョン 生カラオケCD付


グレイテスト・ヒッツ 1970-2002


キャンドル・イン・ザ・ウインド~ダイアナ元英皇太子妃に捧ぐ


nice!(0) 
エルトンジョン ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。