< 山下達郎:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
山下達郎 ブログトップ

山下達郎-CIRCUS TOWN サーカスタウン [山下達郎]



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪
EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...





リアルタイム当時は、殆ど売れなかった山下達郎氏のソロデビュー作、1976年12月25日、クリスマスに発売されたアルバムサーカス・タウン」(CIRCUS TOWN)の、A面1曲目。アルバムタイトル曲。

間奏のサックスはBS&T末期のメンバーで、後に映画ブルース・ブラザーズ」にバンドメンバーとして出演していますルイ・マリーニ。知る人ぞ知る、このアルバムはアメリカ録音で、メンバーは皆、アメリカで活躍中だったミュージッシャン達からなる、当時としては珍しかった海外録音アルバム。

シュガー・ベイブとセンチメンタル・シティ・ロマンスのマネジメントを行っていた会社「アワ・ハウス」の牧村憲一氏の薦めで、荻窪ロフトで行われたシュガー・ベイブの解散ライブに行き、そこで初めて目にした山下のライブ・パフォーマンスに感化したRVCの音楽プロデューサー、小杉理宇造氏(現:スマイルカンパニー代表取締役社長。ジャニーズ事務所顧問、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役)は、山下達郎氏のディレクションをさせて欲しいと申し入れ、山下達郎氏の海外録音、自分の要望するプロデューサー、ミュージシャッンの起用条件をのみ実現した、当時としては画期的な(冒険とも言えるが)アルバムが、こちら「サーカス・タウン」(CIRCUS TOWN)。

小杉氏この時30才前後。牧村憲一氏がその1才年上。23才だった山下達郎氏の、それもけっして売れていたミュージッシャン、グループではなかった達郎氏の要請、要望を、よくぞ!聞いて実現したものだと、つくずく感心いたします(それほど達郎氏のセンス、歌唱力&演奏力は当時、突出していた)。

唯、残念ながら当時の一般的な若者達は、一部の洋楽ロックファン、コアな黒人音楽ファンを抜かすと、空前の和製ふぉーくブームとアイドル歌手に感化されていたので、山下達郎氏のやろうとしていた音楽、センスを理解できなかったのと、今現在もそうですが、山下達郎氏はTVに出て積極的にプロモーションをするミュージッシャンではないので(出ない。嫌い)、アルバムは商業的には「失敗」にリアルタイムは終っており、オリコントップ30にアルバムが入るのは、「ライドオンタイム」の商業的大成功、そして例の「クルスマスイブ」の大人気で「山下達郎」という名前が一般的になる、発売から26年も後の2002年盤であり、リアルタイム若者だった層ではなく、2世代ぐらい後の層の再評価によるものだったのは、リアルタイム若者だった人達は、恥なければいけないと、当サイト運営者は真剣に!思っております。






nice!(1) 
共通テーマ:音楽

Tatsuro Yamashita /Windy Lady 山下達郎 [山下達郎]





70年代、日本の素晴らしい!ロック青年達は、日本のマーケットより世界を目指していた、世界水準の「音」サウンドを作る事を夢みていたわけで、今や「伝説」のシュガー・ベイブを率いていた、されど実はリアルタイムは、けっして商売になっていなかった山下達郎氏も、そんな1人でございました。

商売になっていなかったシュガー・ベイブを解散し、いきなりソロアルバムの録音は海外でやりたいと願った山下達郎氏も達郎氏なら、シュガー・ベイブとセンチメンタル・シティ・ロマンスのマネジメントを行っていた会社「アワ・ハウス」の牧村憲一氏の薦めで、荻窪ロフトで行われたシュガー・ベイブの解散ライブを観、達郎氏に魅入り、ディレクションを申し出て、その山下達郎氏の条件の海外レコーディングを実現させた、当時若きRVCの小杉理宇造氏(20011年現在、スマイルカンパニー代表取締役社長。ジャニーズ事務所顧問、ジャニーズ・エンタテイメント代表取締役)も凄い!。

当時、日本のロック・ミュージシャンが海外録音を行うということは例外的にクリエイション等がありましたが殆ど皆無だったわけで、しかもシュガーベイブも山下達郎氏も、商売になってたわけではないのですから、いやはや凄い耳!、先見の明でございます(資金提供した、達郎氏を紹介した牧村憲一氏の「アワ・ハウス」は、その後、倒産)。


CIRCUS TOWN (サーカス・タウン)
1976年アメリカ、NY、LAで録音された本アルバム、その後、「ライドオンタイム」の大ヒット以降、ブレイクした後追いの山下達郎ファン達によって、録音から26年後の2002年に!オリコンチャート最高位を記録しておりますが、発表当時、この手のサウンドを理解できるほど当時の日本の若者は成熟していなかったので、実は殆ど売れなかたのが実情で、当時の若者の1人として、今もこれは恥ずかしい歴史だと思っております。

ドラムのアラン・シュワルツバーグ、ベースのウィル・リーの冒頭のリズム、素晴らしいですね。間奏のアルトサックスソロはマンハッタン・ジャズ・クインテットのメンバー、ジョージ・ヤング。何時聴いても!70年代の名盤と思っております。若き山下達郎氏も素晴らしければ、牧村憲一氏、小杉理宇造氏、関連スタッフの皆様、本当に皆、素晴らしいです。よくぞ作っていただいた1枚!と感銘いたします。






ギター弾き語り 山下達郎 Guitar Song Book


ピアノ弾き語り 山下達郎 my favorite songs


ギター弾き語り 山下達郎 BEST FILE


ギターソロで弾く!山下達郎  (模範演奏CD付) (ギター・ソロで弾く!)


FOR YOU (フォー・ユー)


JOY~TATSURO YAMASHITA LIVE

nice!(0) 
共通テーマ:音楽
山下達郎 ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。