< ザ・ナック:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
ザ・ナック ブログトップ

ビルボードチャート1位を獲得し話題沸騰だったザ・ナック マイシャローナ The Knack - My Sharona live (HQ) [ザ・ナック]








まあ、メディアが所謂「一発屋」特集をすると必ず!出てくる、ザ・ナック。しかし!1998年、ドラムにあの名手!テリー・ボジオを迎え再始動。その後もツアー、リマスターしたベストアルバムをリリースするなど、精力的に活動を行っているザ・ナック。

イギリスでスージー・クアトロやスウィートを手掛け成功させ、後にはブロンディにも関わることになる、その名前が作曲であれプロデュースであれクレジットさえされていれば「その曲はヒットする」と、強力なヒットメーカーとして活躍したマイク・チャップマンをプロデューサーに!、1979年、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の、4人組のロック・バンド、ザ・ナック(The Knack)はアルバム『ゲット・ザ・ナック』でデビュー。

マイク・チャップマンの思惑通り、シングルカットされた「マイ・シャローナ」は、ビルボード5週連続1位(同年年間チャート1位)、アルバムもビルボード6週連続1位を記録。ザ・ナックは一躍時代の寵児になりましたが、マイ・シャローナ以外にも2曲のビルボードTOP40ヒットがあるものの、あまりに「マイ・シャローナ」の空前の大ヒットのイメージが強いので「一発屋」をイメージを排す事ができず、その後、大きなヒットには恵まれず、デビューから僅か3年後の1982年に一時解散。

思うにこれ、オーディエンスは「傍目八目」でも、若き当事者達にしてみたら『天国から地獄』の経験だった事でしょうね〜。

2011年現在、50才前後の方には懐かしい映像&音源の、こちらリードボーカル&リズムギターのダグ・ファイガー、脳腫瘍と肺癌を併発、闘病生活の末、2010年2月に死亡しており、ドラムのブルース・ゲイリーも2006年8月、非ホジキンリンパ腫のため死去。再生ザ・ナックには加わっておりません。御冥福をお祈りしたします。



nice!(0) 
共通テーマ:音楽
ザ・ナック ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。