< フリートウッドマック:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
フリートウッドマック ブログトップ

フリートウッドマック ブラック・マジック・ウーマン Fleetwood Mac Peter Green - Black Magic Woman (Live Boston Tea Party) 1 [フリートウッドマック]





サンタナがラテンパーカッションを導入、ジプシージャズの「ジプシークィーン」とメドレーで繋ぎ合わせ、大ヒットさせた!マイナーブルース、「ブラック・マジック・ウーマン」(Black Magic Woman)。オリジナルはこちら、ロック親爺には今も熱い支持を受けているイギリスのホワイトブルースマン、ピーター・グリーン在籍時のフリートウッド・マック

エリック・クラプトン在籍時のクリームが、世界的に人気になった事で、エリック・クラプトンがクリーム以前に在籍していた、又、ザ・ローリングストーンズに、ブライアン・ジョーンズの後釜で加入したミック・テイラーも在籍してた、それもイギリスのホワイトブルースバンドだという事で、特にヒット曲も日本ではなかったわりに、ロックファン、ギタリストに人気の高いジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズ。そこのこちらもメンバーだった、ピーター・グリーン(ギター)とミック・フリートウッド(ドラム)が中心になって、1967年、ブルースロックブーム吹き荒れるイギリスで結成されたのが、フリートウッド・マック。

そしてマイナーブルースの名曲!こちら「ブラック・マジック・ウーマン」(Black Magic Woman)は、1968年に発表されたわけで、1969年録音の、実質ザ・ビートルズのラストスタジオ録音になった、アルバム「アビイ・ロード』(Abbey Road)のA面ラスト、「アイ・ウォント・ユー」( I Want You (She's So Heavy))のポール・マッカートニーのベースラインは、影響を受けたのではないか?と思われます。或いは一番!イギリスのブルースロックブーム、或いはR&Rリバイバルに感心があったらしい、曲を作ったジョン・レノンが「こんな感じで弾いてほしい」とリズムの例として、もしかしたらフリートウッド・マックの「ブラック・マジック・ウーマン」(Black Magic Woman)を例えに出したのか?。あくまでも想像の域を出ませんが、時代背景を考えると、そんな想像を当サイト運営者は膨らませてしまいます。

結局、当時ありがちだった!ドラッグと精神疾患で、70年代に入るとピーター・グリーンはバンドを離脱してしまい、ブルースロックから出発したフリートウッド・マックは、度重なるメンバーチェンジと音楽趣向の変革を70年代は繰り返し、1977年、日本では同時期、バカ売れしたイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)の影に隠れてしまった感は否めませんが、アメリカでは31週に渡りビルボードアルバムチャート1位を記録する大ヒットアルバムとなった「噂」(Rumours)を発表。シングルカットされた「ドリームス」(Dreams)も全米チャート1位を記録する、グループの最盛期を迎えるわけであります。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

全米では記録的な大ヒットだったドリームス フリートウッド・マック Fleetwood Mac - Dreams [フリートウッドマック]





1967年、ジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズのメンバーだったピーター・グリーン(G)とミック・フリートウッド(Dr)を中心に4人で活動を開始。

サンタナの大ヒットで有名な「ブラックマジックウーマン」のオリジナルバンドであり、70年前後のブルースロックブームの頃から絶大な人気を誇ってた老舗バンド。今現在も古のブルースロック親爺たちは、ピーター・グリーン在籍時のフリートウッド・マックを懐かしみ推す人は多いですが、そのピーター・グリーンはドラッグが原因で精神疾患を発症。1970年に突如バンドを離れてしまうわけです。


ヴェリー・ベスト・オブ・フリートウッド・マック
その後、紆余曲折ありバンドの音楽的主導権を、オーディションにより加入したアメリカ人ギタリストのボブ・ウェルチ(1974年脱退)が握ると、よりポップ/ロック色濃く、ウェルチの強い影響下でジャズロック的アプローチをとった楽曲等をフィーチャーするわけで、こちらは1977年、フリードウッドマック最大のヒット作となった!31週間に渡って全米1位(ビルボード)を記録、1977年・年間チャート1位に輝いたアルバム、「噂」(Rumours)からシングルカットされた「ドリームス」Dreams(グループにとって唯一の全米1位シングル)。

1974年、バンドに参加したときは交際していたリンジー・バッキンガム(G)とスティーヴィー・ニックス(Vo)は別れ、ジョン・マクヴィー(B)とクリスティン・マクヴィー(Key)が離婚。この二組のカップル、このアルバムレコーディング中に別れているわけで、ツアー中、スティーヴィー・ニックスに公私共に辛くあたるリンジー・バッキンガムに、クリスティン・マクヴィーがワインを浴びせるなど、洒落た楽曲と変貌したバンドカラー、商業的大成功とは裏腹に、フリートウッド・マックのメンバー間の内紛は酷かった、このへんの醜聞、ゴシップも当時、下世話に日本でも話題にもなったものでした。

そんなバンドの精神的支柱になっていたミック・フリートウッドも、自身の離婚、父の死、バンドのごたごた、スティーヴィー・ニックスのコカイン依存と抗不安薬依存を克服するためのリハビリ施設入り等の影響で疲れ果て、コカインとブランデーに溺れ破産

まあ、そんな事を考え思い、この音源を聴きメンバー達の映像を眺めてると、若き蒼き自分とその後の人生含め、色々思う所がこのバンド、管理人はあるわけでございます。

しかし、スティーヴィー・ニックス、声もルックスも、いかったな〜♪


トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
フリートウッドマック ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。