< ダイアーストレイツ:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
ダイアーストレイツ ブログトップ

悲しきサルタン ダイアーストレイツ Dire Straits - Sultans Of Swing (Live) [ダイアーストレイツ]





全米2位、全英8位。1978年、Dire Straitsのファーストアルバム『悲しきサルタン』(Dire Straits) のタイトル曲。


ベスト・オブ・ダイアー・ストレイツ&マーク・ノップラー
最初、ラジオか?喫茶店の有線放送で聴いたか?どっちかだったと思いますが、ダイアー・ストレイツというバンドも知らないので、(これ?誰の曲だろ?すげーカッコイイな〜、歌いかたからボブ・デュランの新譜なのかな?)と、蒼き管理人は真剣に思いましたが(笑)、それぐらい「古くさい」と言うと言葉悪いですが、日本ではヘビーメタルブーム前夜、フュージョンブーム前夜、テクノブーム前夜、このダイアー・ストレイツの「悲しきサルタン」、懐かしいというか何というか、非常にインパクトある楽曲だった記憶がございます。

ダイアーストレイツは、この大ヒットまで、音楽で生計を立てていたのはセッションマンのピック・ウィザース(Dr)のみで、マーク・ノップラー(Vo&G)は成人教育カレッジの講師、デヴィッド・ノップラー(G)は民生委員、ジョン・イルズリー(B)は大学に通う傍ら銀行に勤めて収入を得て、それをそっくり音楽活動に注ぎ込んでいたとの事。皆様、苦労人でございます。

ダイアー・ストレイツのリーダー、ギタリスト、楽曲の要のマーク・ノップラー、今ではやってる方多いですが、この独特のフィンガーピッキング、当時では珍しく、マーク・ノップラーはこの後、色々な高名なミュージッシャンとの仕事、セッションやレコーディング等で、ミュージシャンズミュージシャンとして名を馳せるのですが、この曲の頃は、まだ彼のフィンガーピッキング、ギターテクニックは、あまり語れる事も日本ではなかったと記憶しております。マーク・ノップラーがギタリストとして注目されるように日本でもなるのは、80年以降だったと思います。






ブラザ-ズ・イン・アームス



Dire Straits


グッド・ロッキン・トゥナイト~サン・レコードの栄光 [DVD]


《ネブワース 1990 完全版》 [DVD]


エリック・クラプトン / クロスロード・ライヴ1988 [DVD]


トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ダイアーストレイツ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。