< フェイセズ ロッドスチュワート:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
フェイセズ ロッドスチュワート ブログトップ

ロッド・スチュワート ホット・レッグス Rod Stewart - Hot Legs (Official Video) [フェイセズ ロッドスチュワート]



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪
EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...





なかなかセクシーなPVだったので、印象に残っておりますが(笑)、それ以前からソロ契約もレコード会社と結んでいたロッド・スチュワートが1975年、在籍していたフェイセズの解散後アメリカに渡り(イギリスの重税から逃れる為)、コアなR&Bファンには今も信奉者の多いスタックス・レーベルの専属バックバンド、ブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパー(ブルースブラザーズでも有名)等、腕利きミュージッシャンを集め、同じくR&B、ジャズ、そしてクリーム、エリック・クラプトンのアルバム等を手がけたトム・ダウトのプロデュースの元、制作されたアルバム「アトランティック・クロッシング」(Atlantic Crossing)、「ナイト・オン・ザ・タウン」(A Night on the Town)が、75年、76年に連続大ヒット!。

シングルカットされた「セイリング」(Sailing)、「今夜きめよう」(Tonight's the Night (Gonna Be Alright))も大ヒット(今夜きめようは全米8週1位)。乗りに乗っていたロッド・スチュワートが1977 年に放った、こちらはアルバム「明日へのキック・オフ」(Foot Loose & Fancy Free)のA面1曲目を飾った「ホット・レッグス」(Hot Legs)。

この頃からロッドは自身のレギュラーバンドを率いており、ドラムにはジェフ・ベックが第一期ジェフ・ベックグループ時代のロッド・スチュワートをボーカルにしたバンドを作ろうとするも、ロッドに断られ、結局、ベックボガード&アピス(BB&A)になった、そのBB&AのA、カーマイン・アピスが加わり、べースには同じくジェフ・ベックがBB&A崩壊後制作、ギターインストアルバムとしては記録的な、爆発的大ヒットになったアルバム「ギター殺人者の凱旋」(ブロウ・バイ・ブロウ。Blow by Blow)で演奏していたフィル・チェン。

ジェフ・ベック絡みが3人揃っていた事もあり、当時の日本では「ロックファン=ギタリストファン」が主流でしたので、この当時のロッドと彼のバンドは、とてもロックキッズ、ギターキッズに注目されており、このアルバムはとても売れたと記憶しております。



ロッド・スチュワートが日本で、ロックキッズ、ギターキッズのみならず一般的に知られるようになるのは、空前のディスコブームに突入した時期、1978年のこの次のアルバム「スーパースターはブロンドがお好き」(Blondes Have More Fun)収録の「アイム・セクシー」(Da Ya Think I'm Sexy?)のバカ売れからで、それ以前からロックキッズ、ギターキッズには根強い人気を誇っていたロッド・スチュワートなれど、彼のソロアルバムはアメリカ、イギリスと違い、日本のオリコンチャートのトップ20入りするほど売れた事は、それまで実は!全くなかったんですね(全英、北欧国で1位、全米で2位だった「ナイト・オン・ザ・タウン」(A Night on the Town)は日本では最高位70位)。

こちらホット・レッグス」(Hot Legs)収録の「明日へのキック・オフ」(Foot Loose & Fancy Free)が初めて!オリコントップ20入りし、そして「スーパースターはブロンドがお好き」(Blondes Have More Fun)では、並みいる!日本の歌謡芸能の世界の方々を押しのけ!堂々オリコン2位という、驚異的な売れ方をし、それまでのロックキッズ、ギターキッズだけでなく、日本全国津々浦々まで!ロッド・スチュワートは名を知らしめるようになったのでありました。






nice!(1) 
共通テーマ:音楽

ロッド・スチュワート The Faces With Keith Richards -_Sweet Little Rock and Roller [フェイセズ ロッドスチュワート]





フェイセズにザ・ローリングストーンズのキース・リチャーズがゲスト参加してる映像。フェイセズのベースは日本の山内テツ氏、ギターはロン・ウッド。ボーカルは勿論、ロッド・スチュワート。矢沢永吉氏や西城秀樹氏のステージアクション、マイク使いの元祖ですね。

曲はチャック・ベリーの「スウィート・リトル・ロックン・ローラー 」(Sweet Little Rock 'N' Roller)。

1969年、人気者だったスティーヴ・マリオットが、ピーター・フランプトンと「ハンブル・パイ」を結成するためスモール・フェイセスを脱退。ジェフ・ベックグループから二人、ベースを弾いていたロン・ウッドを本来のギタリストとして、ジェフにラブコールをもらっていたソレを蹴りロッド・スチュワートが加入。

スモール・フェイセスはフェイセズになり、1970年代初頭、人気バンドになるわけですが、次第にロッド・スチュワート&フェイセズ、バンドはロッドのバックバンド的存在となっていくことに幻滅を感じたロニー・レーンは1973年にバンドを脱退。後任にはフリーのベーシスト、日本の山内テツ氏が加入するも、ロン・ウッドが1975年頃よりザ・ローリング・ストーンズの接触しだし(後に正式メンバー)、ロッドと他メンバーとの確執も明確になりバンドは解散。



ロッド・スチュワートはアメリカのワーナーに移籍。R&B、ブルース、ジャズ、そしてクリーム、エリック・クラプトン等でお馴染みの!名匠トム・ダウトのプロデュースの元、ブッカー・T&ザ・MG'sのメンバー等、アメリカのミュージッシャン達によるソロアルバム「アトランティック・クロッシング」(Atlantic Crossing)が即!大ヒット。このアルバムに有名な「セイリング」が入ってます。

そういえば2011年に再結成したフェイセズ(ロッド抜きですが)が、日本のフジロックに出演してたので、若い方でもフェイセズご存知かも?、、、亡くなったロニー・レイン、日本の山内テツ氏の代わりに、シド・ヴィシャス加入以前のセックス・ピストルズのグレン・マトロックがベーシストで参加していたようですね。




コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ロッド・スチュワート アイム・セクシー Rod Stewart - Do you think I'm sexy [フェイセズ ロッドスチュワート]





映画「サタディナイトフィーバー」大ブレイクで、世は空前のディスコブームに突入した1978年、ロッド・スチュワートまで「ディスコかよ」と、リアルタイム、古くからのジェフ・ベックグループ、フェイセス時代からのロッド・スチュワートファン、ロックファンからは非難が集中しましたが、この曲で初めてロッド・スチュワートを知った方々、ディスコフリークにはバカウケ!、日本でも売れに売れた!「アイム・セクシー」(Do you think I'm sexy)。

全米1位を獲得したアルバム、「スーパースターはブロンドがお好き」(Blondes Have More Fun)からのシングルカットされたこちらも又、全米、全英、そして日本でもチャートの1位をかけあがった大ヒット曲であり、ロッド・スチュワートとドラムスのカーマイン・アピスの作となっておりますが、ブラジルのサンバ・ロックの音楽家、ジョルジ・ベンジョール(当時はジョルジ・ベン)が起こした盗作訴訟によって、この曲は彼の「タジ・マハール」を転用していることが立証。ロッド・スチュワート側は敗訴しております(最初はロッド・スチュワート側が訴えたそう)。

日本の高中正義氏が「タジ・マハール」をカヴァーしているので当時、高中正義氏がロッド・スチュワートの「アイム・セクシー」をパクったと話題になりましたが、そうではありません。「タジ・マハール」をロッド・スチュワート側が転用し、高中正義氏はその「タジ・マハール」をカヴァーしただけであります。

ちなみにこの曲の音楽プロデューサー、エンジニアは、50年代は多くのR&B、ジャズのレコーディングにたずさわり、60年代後半はかの!エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーの最強のロックトリオ、クリーム、その後、クラプトンのデレク&ザ・ドミノスやソロアルバム、オールマン・ブラザーズ・バンド等を手がけた、巨匠!トム・ダウトでございます。





コメント(0) 
共通テーマ:音楽

マギー・メイ - ロッド・スチュワート Maggie May - Rod Stewart [フェイセズ ロッドスチュワート]





まあ、矢沢永吉氏や西城秀樹氏のマイクスタンドアクションの、大元とでも言いましょうか?(笑)。

スコットランドのミュージシャン、ロッド・スチュワートの1971年の映像&音源。

このへんはディスコブーム時代、日本でも空前の大ヒットになった「アイムセクシー」と違い、古のロックファンしか認知度はないかもしれませんが、若き日のロッド・スチュワートにはとても重要な!ロッドの分岐点になった、ソロとしては3枚目になりますが、自身初の!英国とアメリカ両国でアルバムチャート1位を果たし、英国では45週連続でチャート・インというロング・ヒットとなった傑作アルバム、1971年発表の『エヴリ・ピクチャー・テルズ・ア・ストーリー』(Every Picture Tells a Story)の収録曲、「マギー・メイ」。

勿論、アルバムだけではなく、この「マギー・メイ」(Maggie May)も、英米両国のシングル・チャートで1位を獲得しており、世界的には大ヒット!した名曲で、ロッド・スチュワートとマーティン・クイッテントンによって書かれた、年上の女性との関係を歌ったソレで、ロッド自身の体験で書かれたとか?。そんな話し。



スティーヴ・マリオットがピーター・フランプトンと「ハンブル・パイ」を結成するためスモール・フェイセスを脱退し。残されたロニー・レーン、イアン・マクレガン、ケニー・ジョーンズの三人にジェフ・ベック・グループからロッド・スチュワート(ジェフのニューバンド要請を断り)、ロン・ウッドが加わり結成されたフェイセズ。

で、そのフェイセズをやりながらソロ活動もしていたロッド・スチュワートと、リアルタイム日本のPYG(その後、井上尭之バンド)をやりながらソロ活動に入ったジュリー、沢田研二氏って、同じような事やってたんだな〜、なんて思ったりする当サイト、運営者であります。

この映像の頃、ロッド・スチュワート26才!。






ロッド・スチュワート


スーパースター・ストーリー~ザ・ベスト・オブ・ロッド・スチュワート~


ベスト・オブ・ザ・グレイト・アメリカン・ソングブック

トラックバック(0) 
フェイセズ ロッドスチュワート ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。