< ミッシェル・ポルナレフ:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
ミッシェル・ポルナレフ ブログトップ

日本で抜群に人気があったフレンチポップス シェリーに口づけ(Tout Tout Pour Ma Cherie)/ミッシェル・ポルナレフ [ミッシェル・ポルナレフ]








日本では1971年に発売。空前の大ヒットになり、当時、暫くの間は日本ではカーペンターズか?ミッシェル・ポルナレフか?ってほど、外国人で大人気だったミッシェル・ポルナレフ人気の、とっかかりになった1曲でございます。

日本で大ヒットしたこの「シェリーに口づけ」は、本国フランスではアルバム未収録、シングルB面として世に出ていた曲だそうで、このへんは日本人とフランス人の国民性、感覚の違いなのでしょうね。フランスではヒットした曲が日本では受け入れられなかったとか、あったようですし。

という事は、当時、日本では無名だったミッシェル・ポルナレフの、フランスではシングルB面曲の「シェリーに口づけ」が、日本で絶対に!売れると確信を持って社内でプレゼンをしたレコード会社の社員の方がいる筈!なんですよね。日本のサラリーマン社会で。誰なんでしょう、、、素晴らしい耳とセンスの持ち主だと、今更ながら思ってしまいます。こういう方が皆、「人知れず」人生を終えてくんでしょうね。

で、

ポルナレフはその名の通りフランス人ですが、幼少期からアカデミックなクラシックの音楽教育を受け、コンセルバトワール(パリ音楽院)に通い、クラスで1番の成績を修めていたのに!、アメリカのエルヴィス・プレスリーからのR&Rムーブメントに、英国のザ・ビートルズに限らず、フランスのポルナレフも又!強い影響を受け、クラシック音楽への情熱を次第に失っていき、R&R、ポップミュージックに傾倒していったそうで、日本でブレイクする5年も前、1966年に「ノンノン人形(La poupée qui fait non)」でデビューしたそうなのですが、この曲、ベースは後にレッド・ツェッペリンのメンバーとなるジョン・ポール・ジョーンズが担当したそうで(汗)、更に!ファーストアルバムには、同じく!後のレッド・ツェッペリンの中心メンバー、ギタリストのジミー・ペイジが参加し、英語の作詞でプロコル・ハルムのキース・レイドが参加しているそうで、ポルナレフファン、レッドツエッペリンファンは、ミッシェル・ポルナレフのファーストアルバムは必聴!ではないでしょうか?!。

ポルナレフは、ジェリー・リー・ルイスのR&Rの不朽の名曲!「火の玉ロック」もカバーしており、R&Rからの影響力の強さを素直に表明しております。

残念ながら本国フランスと日本では、大人気だったミッシェル・ポルナレフ。ジュリーこと日本の沢田研二氏がフランスに進出、「MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE」(「巴里にひとり」のフランス語ヴァージョン)をラジオチャートで最高位4位を記録するほどヒットさせた時、フランスのメディアは、ジュリーを「日本のポルナレフ」と紹介していたほど、日仏では人気だったのに、アメリカではイマイチ!ミッシェル・ポルナレフは人気者になれなかったわりに、67才の彼はアメリカのカリフォルニア州に居住してるそうです(2011年現在)。



トラックバック(0) 
ミッシェル・ポルナレフ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。