< ソフトマシーン:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
ソフトマシーン ブログトップ

若きアラン・ホールズワース在籍時のハイテクバンド Soft Machine - Hazard Profile Part 1 ソフトマシーン [ソフトマシーン]



ロリポップ!★104種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん♪
EGOISM.JP / VIVIAN.JP / RAINDROP.JP / ZOMBIE.JP / MODS.JP ...





ギタリストやコアな音楽ファンには、圧倒的に支持されてるのに、この方ほど一般的には認知度の低い(特に女性で好きだという人に、管理人は未だあった事がない。汗)ギタリストも珍しい、若きアラン・ホールズワースが参加していた頃の、サイケデリック/プログレッシヴ・ロック/ジャズ・ロック/フュージョン・バンドとでも言うのでしょうか?、結成直後の60年代後半、英国はロンドンの「UFOクラブ」を中心に活動していたピンク・フロイドやジミ・ヘンドリックスらとも交流を持っていたそうなソフトマシーン。



1975年発表の『Bundles(収束)』から、Hazard Profile。

1975年の時代背景を考えただけでも、若い頃から既に「アラン・ホールズワースだった」、29才の彼のギターテク、所謂「レガートテクニック」と言われるギターソロのソレ、凄まじいですね。近年の日本のJポップは、ギターソロは流行らないようで、あまり聴かれる事がありませんが、若いギター弾きの方々は、バッキングもカッコイイし素敵ですし、バンドグルーヴを作るギタリストという立場も重要ですが、やはり「個」1プレイヤーとしての自己主張をするのは、どんな楽器でもソロ、アドリブ演奏だと思うので、日本でも70年代のニューロック、80年代のヘビメタ、フュージョンブームのように、ギターソロ人気、再び復活してもらいたいものだと思う、オッサンでございます。

けっしてヒットチャートをかけあがった曲、バンドではありませんが、ソフトマシーン、やはり、カッコ良かったなと、凄かったなという思いでアップさせていただきました。







トラックバック(0) 
ソフトマシーン ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。