< ピンクフロイド:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
ピンクフロイド ブログトップ

ピンク・フロイド マネー Money - Pink Floyd HD (Studio Version) [ピンクフロイド]





1970年代後半のイギリス、パンクムーブメントではボロカスに攻撃の対称になっていたバンドの1つ、ピンク・フロイドですが、デビュー時から人気の高かったイギリスと日本と違い、アメリカで高く評価されるようになるのは、こちらシングルカットされた「マネー」(Money)収録の1973年のアルバム「狂気」(The Dark Side of the Moon)が全米ビルボードチャート1位を記録してから。

特にイギリス系ヘビー・メタルファンなら痛感する所あると思いますが、必ずしも!同じロックファンでも、イギリス人と日本人とアメリカ人は音楽の「好み」は一致してない。かなり異なっていたわけで、例えば、当サイトでも紹介しております、日本とイギリスでは大人気だったイギリスのグラムロックの立役者!T・レックスは、アメリカでは「ゲット・イット・オン」以外、それほどヒットしておりませんでしたし、逆にアメリカのスージー・クアトロは本国ではそれほどブレイクしなかったわりに、日本とイギリスでは大人気だったなど、アメリカで売れたから必ずしも偉いという事もなかったように感じますね(勿論!商業的にはアメリカは巨大マーケット!アメリカで売れた事が富の象徴になるわけですが)。

まあ、本国イギリスでの人気は当然としても、日本でのピンク・フロイドの人気というのは、かなり異常であり(笑)、「原子心母」「ピンク・フロイドの道」は並みいる!歌謡芸能の世界の巨匠達の中で、オリコンチャートトップ20に食い込み、「おせっかい」はトップ10に遂に!突入。「雲の影」もトップ20入り、そして!こちら「狂気」(The Dark Side of the Moon)は、当事!国民的アイドルだった天地真理さんに次いで、オリコン2位を獲得してるわけで、この後の1975年の「炎~あなたがここにいてほしい」はオリコン4位(英米共に1位)、1977年の「アニマルズ」もオリコン3位。1970年代中期のピンク・フロイドは日本でもバカ売れしてたわけでございます。

何故?難解と言われるプログレのピンク・フロイドが、これほど当事、日本で売れたのか?当サイト運営者は今も謎で(笑)、きっと何か?日本人の琴線に触れるソレがあったのでしょうね。

まあ、日本に限らずこのアルバムが大ヒットしたアメリカでも、ビルボード・チャートの200位以内に15年間(741週)に渡ってランクインし続けるという記録を打ち立てており、効果音を巧みにつかい1枚のトータルアルバムに仕上げた(デジタル時代の前の、アナログテープ作業なのが凄い!)プロデュースのアラン・パーソンズと共に、名を連ねているクリス・トーマスは、この翌年、日本のサディスティック・ミカ・バンドの「黒船」を手がけているのも、日本人には興味深い所だと思われます。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

吹けよ風呼べよ嵐 one of these days/Pink Floyd [ピンクフロイド]



英国ピンク・フロイドの1971年、アルバム「おせっかい」(Meddle)の、衝撃の!冒頭1曲目のインストナンバー。

70年代後半から、日本のクリエイションの「スピニングトーホールド」を、全日本プロレスがドリー・ファンクJr.テリー・ファンクの入場曲のテーマに使用してから、有名レスラーの入場曲に洋楽を使用する大ブームが起こったので、ロックにあまり興味のない方でも、あの!アブドーラ・ザ・ブッチャーのテーマ曲として有名でしたので、聴き覚えがある事でしょう。

全体にインストですが、一カ所だけ肉声で途中聴かれる叫び声「One of these days, I'm going to cut you into little pieces(いつの日か、お前を細切れにしてやる)」はニック・メイスンの声で、不気味さを出す為に、テープの回転数を遅くした声で収録されてますね。

同年8月には初来日し、音楽フェスティバル「箱根アフロディーテ」(10代だった若き高中正義氏が、成毛滋氏のバンドで参加してます)で日本の音楽シーンに衝撃を与え、70年代初頭、ピンクフロイドという看板、名前はある種、日本において「何かが海の向こうで起きてるぜ」という空気のニューロック時代、洋楽ロック、洋楽バンドのその「何か」を起こしてた、注目度の高いバンドでした。

1970年に発表された前作「原子心母」が、初の全英1位アルバムに輝き、この「おせっかい」が3位、そして1973年に発表され、売れに売れた「狂気」が全英では2位でしたが、アメリカで初の!1位を獲得、75年の「炎〜あなたがここにいてほしい」は、遂に全米全英1位を獲得。

77年の「アニマルズ」も全英2位全米3位、79年の「ザ・ウォール」も全米3位全米1位、ピンクフロイドはロックの大巨人になったわけですが、案外、日本では70年前後のニューロック時代の方がピンク・フロイドは若者に盛り上がってたのではなかったかな?、なんてリアルタイム実感があります。

一部のロックファン達には、圧倒的な人気が70年代後半にもありましたが、バブルに向って一直線、空前のディスコブームに浮かれ気分の日本と、鉄の女サッチャー首相の経済改革が成功するまで、失業者続出、それこそ「大学は出たけれど」的な未曾有の大不況だった(だからパンクロックが生まれてる)、ピンクフロイドの英国では、若者、大衆に温度差があったような記憶があります。


ピンク・フロイドの狂気 (P‐Vine Books)


ピンク・フロイド・ファイル (Artist file (11))


ピンク・フロイドの神秘 (P-Vine BOOks)


地球音楽ライブラリー ピンクフロイド


バンドスコア ピンクフロイド ベスト (バンド・スコア)


『PINK FLOYD/ピンクフロイド~狂気~《PPM-053》』ヒップホップポスター☆HIP HOP POSTER通販☆


Dark Side of the Moon


おせっかい


原子心母


ザ・ウォール [DVD]


エコーズ~啓示 ザ・ベスト・オブ・ピンク・フロイド


Animals


夜明けの口笛吹き


炎 あなたがここにいてほしい


Gibson ギブソン / Les Paul Traditional Heritage Cherry Sunburst 【S/N 104910492】《チューナー&ギグケースプレゼント/SET80226》



レスポール・スペシャルのグロスフィニッシュ(艶あり塗装)が日本限定で登場!!Gibson Les Paul Junior Special Double Cutaway (Heritage Cherry)【スタンドセット付】【送料無料】【次回入荷予約受付中】



Gibson Les Paul Tribute 1952 (Gold Top)【スタンドセット付】【送料無料】【Web限定アウトレット特価】



Gibson Custom Shop HC 1974 Les Paul Custom Aspine White 【新品】 【送料無料】 【心斎橋店】



Moondog R&R Records Shop


トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ピンクフロイド ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。