< ゲスフー:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
ゲスフー ブログトップ

アメリカンウーマン The Guess Who - American Woman [ゲスフー]





アン・ルイスさんがカバーされてましたから、リアルタイムを知らなくても、アン・ルイスさんファン、歌謡ロックファンの方なら御存知と思われる、70年代初頭、日本でも大ヒットした名曲!「アメリカンウーマン」。


ベスト・オブ・ゲス・フー
ゲスフーはアメリカではなく、カナダのバンドで、同じカナダのバンド、かの映画「イージーライダー」でお馴染み、「ボーントゥビーワイルド」でアメリカで大成功したステッペン・ウルフの影響で、アメリカンロックに傾倒、このアメリカでもの大ヒットの「アメリカンウーマン」に繋がったそうです。

エリック・クラプトンが世にしらしめ有名にした、「ウーマントーン」の泣きのリードギターに、グルーヴングなリズムギターのリフ。この手のサウンドは案外、リアルタイム少年少女を過ごした、実は元ふぉーくのコの今の初老中高年層より、『レッチリ登場』以降、ジミ・ヘンドリックスのもの凄い再評価でもわかる通り、パンク、ハードロック、ヒップホッピとファンクの融合、ミクスチャー・ロックと呼ばれるソレに強烈に感じる、若い層の人達の方が好みではないか?と思ったりしますが、その手の音楽好きな人に支持の高いレニー・クラビッツも又、カバーしておりますが、如何でしょうか?。

時代を越えた名曲と、管理人は思っております。

「アメリカンウーマン」は1970年全米1位を獲得!年間チャートでもサイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」、カーペンターズの「遥かなる影」に次ぐ年間3位だった曲であります。










Beauty of the 'Burst: Gibson Sunburst Les Pauls from '58 to '60

トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
ゲスフー ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。