< ドゥービーブラザース:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
ドゥービーブラザース ブログトップ

ドゥービー・ブラザーズ リッスン・トゥ・ザ・ミュージック The Doobie Brothers - Listen To The Music (1975) [HQ] [ドゥービーブラザース]





トム・ジョンストン(Vo&G)時代のファンには、これぞ!黄金のドゥービー・ブラザーズメンバー!と思える映像だと思われます。ジェフ(スカンク)バクスターが立ってギターを弾いてる映像は珍しい(笑)。

イーグルスと並び、70年代を代表するアメリカンバンドと呼ばれ易いドゥービー・ブラザーズですが、イーグルス同様、1970年代前半はそれほど日本では有名ではなく、こちら彼等の代表作1972年の「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」( Listen To The Music)も、1973年の「ロングトレイン・ランニン」も、リアルタイムから少し後の時代は、東京のビブロス等の踊り場で使われ、踊り場に出入りしてる「とっぽい」連中の間で人気になっていた程度で、少なくとも1970年前半、ドゥービー・ブラザーズが日本のヒットチャートをかけあがった、日本中で人気だったという事実は、実はありません。

1976年のドゥービー・ブラザーズ初来日公演、東京は日本武道館でしたが、この頃まで、ドゥービー・ブラザーズが日本のヒットチャートでシングルヒットが爆発していたという事実は、当サイト運営者は記憶もなければ、そういう記録を見た事もないわけですが、一言で言ってしまえば、「ロングトレイン・ランニン」の踊り場界隈での脅威のロングヒット!、、、。

タイプとしては、ヒットチャートを一度もかけあがった事がないわりにロングヒットになった、つのだ☆ひろ氏の「メリージェーン」、ジェームス・ブラウンの「セックスマシン」に近いような、ドゥービーズの曲は息の長いヒットの仕方をしており、これ「チャイナ・グローヴ」やこちら「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」( Listen To The Music)も同じで、口コミによる口コミで日本中に広まった楽曲、バンドで(勿論、初来日公演の時は随分とラジオで宣伝もしておりましたが)、初来日にして東京は日本武道館公演という人気グループになったと、当サイト運営者はリアルタイム、実感しておりました。

今のようにインターネットもありませんし、TVの歌番組に洋楽バンドが頻繁に出るわけでもありませんし、手に入るのは数冊の音楽雑誌の情報のみ!。後はラジオや純喫茶の有線放送から流れてくる曲を聴きながら、曲名やバンド名をあてて、友達同士で「オレの方が洋楽は沢山知ってる」合戦をやる(笑)、実際に現場、例えば踊り場やロック喫茶(昨今のロックバー)で知るぐらいしか、当時は洋楽情報なんてないですから、踊り場やロック喫茶の影響力というのは、実は大きかったんです。



あと、1976年はアメリカ建国200周年、雑誌「ポパイ」が登場し、LAブームを仕掛けましたので、丁度!イーグルスはこの後!「呪われた夜」に続いて「ホテル・カリフォルニア」が爆発的に売れ!
そのムーブメントの寵児に日本でなり、まあ、イーグルスと言えばドゥービー・ブラザーズ。ドゥービー・ブラザーズと言えばイーグルスみたいな風潮がなきにしもあらずで、ある種ドゥービー・ブラザーズを知ってるとカッコいいみたいな空気(日本ではヒットチャートをかけあがったわけでもないですから、誰もが知ってるバンドではなかったから)、まあ、サーファーだとカッコいいみたいな(笑)そんなような時代背景もあり、ドゥービー・ブラザーズの人気は更に!うなぎ上り。

で、少し遅れて1978年にアルバム「ミニット・バイ・ミット 」(Minute by Minute)の大ヒットと、シングルカットされた「ある愚か者の場合」( What a Fool Believes)がヒットし、ラジオでがんがん流れたので、一般的にもドゥービー・ブラザーズの名は不動のものになり、更に!踊り場からディスコブームに流れたこの時代でも、相変わらず! 「ロングトレイン・ランニン」は抜群の人気を誇っており(所謂サーファー系)、同時期、人気爆発してたアース・ウインド&ファイヤーやブラザーズ・ジョンソンと同じぐらい、ドゥービー・ブラザーズはディスコフリークにも人気バンドになっていたわけでありますが、その楽曲はロングトレイン〜の他、こちら「リッスン・トゥ・ザ・ミュージック」( Listen To The Music)等、実は1972年、73年の楽曲だったというわけであります。






nice!(0) 

ある愚か者の場合 ドゥービーブラザーズ/Doobie Brothers - What a fool believes - 1979 [ドゥービーブラザース]





1975年、マイケル・マクドナルド加入以来3枚目、1978年末に発表され、日本でも1979年に大ヒットした「ミニット・バイ・ミニット」(Minute by Minute)からの、こちらも大ヒットしたシングル「ある愚か者の場合」(What a fool believes)。グラミー賞を受賞しております。

時代背景として既に1970年代半ばから後半、アメリカンチャートは空前のディスコブームに向かって一直線、ロックのヒット曲は非常に少なくなっており、日本でも70年代末に空前のディスコブームがやってきており、商業的に苦戦するロックバンドの中で、雑誌「ポパイ」発のLAブームの影響もあり、イーグルスと共に「ディスコのコ」たちにも人気を得ていたのが、こちらドゥービー・ブラザーズ。

まあ、ディスコで「ロングトレインランニン」が使われ続けていた効果もあると思いますし、マイケル・マクドナルド加入後、所謂AOR、まあ、R&B色強い楽曲作りも「ディスコのコ」にうけておりましたので、1971年結成のドゥービー・ブラザーズが日本で一番人気があったのは、この時期だと思われます。



しかしイーグルスがそうであったように、ドゥービー・ブラザーズも、こちらのアルバム制作時は、パトリック・シモンズ 、ジェフ・バクスター 、タイラン・ポーター 、マイケル・マクドナルド 、キース・ヌードセン 、ジョン・ハートマンと、幾度かの若干のメンバー交代があったにしろ、トム・ジョンストンがマイケル・マクドナルドに代わった程度の、それまでのファンにはお馴染みのドゥービー・ブラザーズメンバーだったのですが、アルバム、シングルの大成功後、ジェフ・バクスターとジョン・ハートマンが脱退。

後任のもう一人のギタリスト(Voも)にジョン・マクフィー 、もう一人のドラマーにチェット・マクラッケン。サックス(Key、Vo)にコーネリアス・バンプス を入れるも、今度はタイラン・ポーター が脱退。新ベーシストに名手!ウィリー・ウィークス、更に新メンバーにボビー・ラカインド(Per&Vo)を入れますが、ドゥービー・ブラザーズというより、セッションマンのグループのような違和感を以前からのファンは感じ、日本で人気絶頂期でしたが「トム・ジョンストン時代の方がドゥービーは良かった。トム・ジョンストン時代こそがドゥービー」という声も当時からあった中、なんと!そのトム・ジョンストンが、ドゥービー・ブラザーズのライブにゲストとして参加してるらしいという、以前からのファンには嬉しいニュース!、、、。

が、喜びもつかの間、キース・ヌードセンの脱退。唯一の!最初からのオリジナルメンバー、パット・シモンズが活動休止を提案。1982年、イーグルスもそうだったように、新旧のファンに支えれ人気絶頂の最中、ドゥービー・ブラザーズは解散(後に再結成、今に至る)。

ただ、イーグルスと違い、メンバー間の確執があったとは伝わっておらず、解散時も再結成後も、新旧メンバーの仲は良好だったようで、ドゥービー・ブラザーズはドゥービー・ブラザーズという音楽集団、共同体、「ドゥービー・ブラザーズファミリー」のようなグループだったと言えますね。




nice!(1) 

ロングトレインランニン Long Train Running - The Doobie Brothers [ドゥービーブラザース]





日本では特に、70年代後半の世界的な空前のディスコブーム&LAブーム(雑誌ポパイの影響)&サーファーブームで、サーファーディスコなる店で使われまくった曲なので、あまりロックとか興味のない当時のディスコキッズ、ディスコクィーンでも、必ず!知ってる、とてもグルーヴィングでカッコイイ不朽の名曲ですが、発表はもっと以前、1973年のアルバム「キャプテン・アンド・ミー 」The Captain and Meからシングルカットされた曲で、発表リアルタイム実は!、日本の洋楽ヒットチャートのラジオ番組等で、がんがん使われた大ヒット曲という記憶が、管理人は全くないんですね。

わりと早くから「踊り場」ではDJが目をつけ(耳?)使っていたので、その世界では人気がありましたし、タワーオブパワーやグラハムセントラルステーションと同じ、ドゥービーブラザーズもワーナーだったので、なんと言っても情報も乏しい時代でしたから、蒼き管理人、サウンドだけ聴いて当時最新だった!黒人ニューファンクバンドだと、普通に思ってたほど、一般的には未だ当時のニューファンクがそうであったように、ドゥービーブラザーズというバンドそのものが、あまり日本では知られておらず(これは後のLAブームの頃の両巨頭、イーグルスもしかり)、ロングトレインランニンは、どーん!と爆発的に大ヒットした曲というより、「踊り場」発で深く静かに、印象的なギターカッティングやグルーヴィングなリズム等が話題になり、じわじわ口コミで浸透して人気になった曲だったと、少なくとも当時の東京の若者達の間ではそうだったと、管理人は記憶しております。



で、翌年、 1974年発表のアルバム「ドゥービー天国」What Were Once Vices Are Now Habitsからの「ブラック・ウォーター」、Black Waterが初の全米No.1を記録したせいか?、普通の洋楽好き、ロック好きの若者達にも一気に名が知れ渡り、75年の初来日時にはもう人気者になっておりましたが、この年から要のトム・ジョンストンはなんとライブを離脱(この映像のVo&Gの人です)。初来日公演に姿を表わさなかったんですね。

まあ、この後、70年代後半の空前のディスコブーム、雑誌「ポパイ」発のLAブームの最中、サーファーディスコでこの曲ががんがんに使われ大人気になってた頃は、既にトム・ジョンストンではなく、元スティーリー・ダンのマイケル・マクドナルドを中心に、サウンドも少し変わったバンドになっていたのは、ファンなら誰もが御承知の事と思いますが、リアル70年代のドゥービー・ブラザーズの日本での人気、足跡を、若い人が彼等のプロフィールに当てはめ想像するのはのは、あまり意味がないんですね(笑)。ちょっと違うんですよね、日本の場合。

で、こちらの映像&音源。再結成後同様、未だばりばりにトム・ジョンストンが活躍していた時代のソレで、間奏がレコーディング音源と違い、トム・ジョンストンのレスポールによるロックの王道!、非常にブルースロックっぽいフレーズ&サウンドのギターソロなのが、カッコイイですね。70年前後のニューロック華やかなりし頃の時代、60年代のR&Bから70年代初頭のニューファンク、ニューソウルの台頭の時代を、見事に象徴してる映像&音源だと思います。


バンドスコア ドゥービーブラザーズベスト (バンド・スコア)


バンドスコア ドゥービーブラザーズ ベスト (バンド・スコア)


The Very Best Of The Doobie Brothers

トラックバック(0) 

マイケル・マクドナルドが中心になる前の、ドゥービー・ブラザーズの代表曲の1つ!チャイナグローヴ Doobie Brothers - China Grove 1973 [ドゥービーブラザース]



ネットショップの開業ならカラーミーショップ




後にヴァン・へイレンのサウンドをてげけたテッド・テンプルマンのプロデュースによって、70年代一世を風靡したドゥービーブラザース。1973年のアルバム『キャプテン・アンド・ミー(The Captain and Me)』からの、「ロング・トレイン・ランニング(Long Train Runnin')」同様ヒットした「チャイナ・グローブ(China Grove)」なんですが、まあ、日本では踊り場のDJ達(特に赤坂のビブロス)の手によって有名になったと、管理人は言いきってしまいたい程、所謂ヒットチャートでトップ独走という類いの曲ではなかったと記憶しております。

都市部のとっぽい若者達に圧倒的に支持され(聴いての通りノリがよいですから)、なんとなーく口コミで、有名になったバンドだったと管理人は記憶しております。

まあ、70年代後半、イーグルスと共に「ポパイ」創刊以降のLAブームの音楽担当(笑)、ウエストコーストサウンドという事で、人気者だったドゥービーなのですが、看板のトム・ジョンストンが75年のツアーから離脱、76年、初来日時は既にトム・ジョンストンはいなかったし、LAブーム、ウエストコーストサウンドともてはやされたこの時期には、既にバンドの形態は変わっていたので、このドゥービーに対する思い入れは、この頃のトム・ジョンストンのいない時代のマイケル・マクドナルド時代が大好きという層と、それ以前のトム・ジョンストン時代がやはり好きでは、その思い入れは違う、珍しいバンドでもあります。





トラックバック(0) 
ドゥービーブラザース ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。