< エアロスミス:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
エアロスミス ブログトップ

エアロスミス ドリーム・オン(Dream On) [エアロスミス]





1973年のエアロスミスのデビューアルバム「野獣生誕」(Aerosmith)収録の「ドリーム・オン」(Dream On)。

今でこそロックレジェンド、老舗ロックバンドのエアロスミスですが、デビュー当事はアメリカイギリスで酷評、嘲笑され(ザ・ローリング・ストーンズ、ヤードバーズの物まね扱い)、日本では「野獣生誕」(Aerosmith)は発売もされていなかったわけで、日本でのエアロスミスのデビューアルバムは翌1974年のセカンドアルバム「飛べ!エアロスミス」(Get Your Wings)であり、まあ、このへんはその10年前のザ・ビートルズも似たようなもので、日本でのザ・ビートルズのデビューアルバムは、アメリカキャピタルレコードの編集アルバム「ミート・ザ・ビートルズ」であり、公式デビューアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」「ウィズ・ザ・ビートルズ」はリアルタイム、日本では発売されてなかったわけで(後に発売されますが)、よくある話し。

それでも日本でのデビューアルバム、エアロスミスにとってのセカンドアルバムの「飛べ!エアロスミス」(Get Your Wings)も全く売れず、相変わらず音楽評論は酷評、嘲笑の雨あられだったわけで、日本でエアロスミスがそれなりに少しは評価されるようになるのは、かの!有名な、音楽、ロックに興味のない方でもTV「踊るさんま御殿」で使用されてるので聴き覚えがある、「お説教」(Walk This Way 、ウォーク・ディス・ウェイ)収録の、1975年のサードアルバム「闇夜のヘヴィ・ロック」(Toys In The Attic)から。

「お説教」(Walk This Way 、ウォーク・ディス・ウェイ)はエアロ・スミス初の!全米トップ20入りするヒットになり、そして再シングル発売されたこちら「ドリーム・オン」(Dream On)が相乗効果で
翌1976年、何と!全米6位までかけあがる大ヒットになり(デビュー当事は全く売れてません)、日本は当事未だ歌謡史的に残る空前の和製ふぉーくブームを引きずっていた時期だった事もあり、ファンクロックの「お説教」(Walk This Way 、ウォーク・ディス・ウェイ)より、情緒的な!「ドリーム・オン」(Dream On)が好まれ、この曲から!日本ではエアロスミスが人気者になったと、言っても良いと思われます。時は1976年。



で!若い人には皆「爺婆」「おっさん、おばちゃん」に見えるであろう層でも、1970年前後のニューロックファンと、1976年以降のロックファンでは、1時代異なるほどの隔たりがあるので、70年代を代表する老舗バンドとエアロスミスが言われても、1970年前後のニューロックファン層には案外、エロロスミスに思い入れのある人は少なく、1976年頃から音楽雑誌「ミュージックライフ」が、大人気だったベイシティ・ローラーズを中心に、エアロスミス、キッス、クィーンを強烈にプッシュしだし、新ロック御三家的に扱いだしてから、洋楽、ロックが思春期ど真ん中だった、初体験だった層とは(元はベイシティ・ローラーズのグラビア、記事目当てだった女のコ達含め)、僅か数才の違いでも、洋楽、ロックに対するソレは相当!異なる、大きなジェネレーションギャップがあるわけであります。

が、1980年代に商業的に最も!ロックが売れた時代、1980年代後半のバンドブームの主役だったのは、ニューロックファン層ではなく、この1976年あたりが中高生時代だった次世代のロックファンでしたから、そのとっかかりになったエアロスミス、キッス、クィーンの思い入れ、或いは主に女性ですがベイシティ・ローラーズへの思い入れというのは、かなり強いと思われます。

ちなみに、このデビューアルバムのB面ラストには、ザ・ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズがカヴァーし歌っていた、ルーファス・トーマスの「ウォーキン・ザ・ドッグ」( Walkin' The Dog)をエアロスミスも演奏、収録されてます。




nice!(1) 
共通テーマ:音楽

ママキン Aerosmith - Mama Kin (with Lyrics) [エアロスミス]





21世紀の今現在、古の伝統あるもの凄いロックバンドの1つに位置ずけられるエアロスミスですが、デビュー当時の70年代は、けっしてそこまでの高い評価は受けていなかった。自国アメリカの「ローリングストーン」誌でも酷評をうけ、日本ではエアロスミスデビューの少し前の「ニューロック」のコアなファンに、ストーンズやヤードバーズのチープなコピーバンド扱い呼ばわれされており、商業的にも1973年のデビューアルバム「野獣生誕」(Aerosmith)は、本国アメリカでも日本でも、大きなセールスにはなりませんでした(ドリーム・オンがシングル盤として再発売されアメリカのチャートで6位を記録するのは、1976年)。

「野獣生誕」(Aerosmith)が発表された1973年は、吉田拓郎氏の「結婚しようよ」、かぐや姫の「神田川」等が大ヒットを飛ばし、日本の若者達の間で空前に和製ふぉーくブームが盛り上がっていた時代であり、楽器屋もアコースティックギターを全面に押し出し、更には吉田拓郎氏がこの後、当時のトップアイドル、人気NO1だった浅田美代子さんと再婚されたのが、「おつむの弱い」「女にもてたい」若者達には衝撃の出来事!(笑)。

アコースティックギターを持ってオリジナルソングを作れば金も儲かるし「美代ちゃんとも結婚できる!」「エレキは難しそうだけどこれなら自分だって出来そうだ」と錯覚しだした時代なので、あまり後世に伝わるような、必ずしも当時は「ロックの時代」ではなかったわけであります。



それでも女性編集長による某有名音楽雑誌が、こちらもアメリカでは未だ人気が爆発していなかったクィーンやキッスと共に、こちらエアロスミスを強烈にプッシュし続けていたので、その成果なのか?金が儲かり浅田美代子さんとも結婚ができると、ふぉーく、ふぉーくと草木もなびいてた世代より、若干年下の世代が、その上の「ニューロック」の方々とは少し違う「新しいロックファン」に育って行き、この層が70年代中期から後半、エアロスミス、キッス、クィーンを圧倒的に支持しだし、日本でのエアロスミス大物ロクバンド伝説がスタートしたと、当サイト管理人は記憶しております。

更に!洋楽初体験がこの時期だった更にまた年下の層は、ごく自然にクィーン、キッス、エアロスミス(ベイシティローラーズも)がそこにあり、この世代が成長し来るべき80年代のヘビーメタル、ジャパメタ、パンク、バンドブーム、或いは「産業ロック」の中心層になったわけであります。

「ママ・キン 」( Mama Kin)はそのデビューアルバム「野獣生誕」(Aerosmith)の中の、そういうわけでリアルタイム、ヒットチャートをかけあがったわけでもないのに、70年代中期頃から数多くの学生バンドに日本でもレパートリーに取り上げられ、ガンズ・アンド・ローゼズのミニアルバムでも取り上げられた事もあり、不動のロックの古典ナンバーの地位を築いた曲であります。




コメント(0) 
共通テーマ:音楽

「お説教」なんて凄い邦題が当時はついていた AEROSMITH - WALK THIS WAY live [エアロスミス]








エアロスミスのこの名曲!、60年代のジミ・ヘンドリックの、ブルースとファンクとR&R(ハードロック)の融合から、83年結成のレッド・ホット・チリペッパーズの、所謂ファンクとヒップホップを、パンク・ロックやハードロックなどと混ぜ合わせた、ミクスチャー・ロックと呼ばれるソレを繋いでる、重要楽曲で、1975年にこれを発表してるのは、今更ながら注目すべき歴史だと思われます。

非常にファンキーで、そしてロックで、カッコイイ曲でございます!。

時代的に日本は80年前後からの所謂フュージョン、ディスコブーム迄、踊り場で遊んでた不良や、マニア以外、ファンクという概念がなかったので、「16ビート=フュージョン、ディスコ」という、相当!偏った誤った認識を持ってる中高年が今も蔓延しており、80年代のレッチリ以降、音楽ファンになってる今の20代、30代の方々とは、微妙に!ファンクという音楽の感覚が、ずれてるんです。




実際にはジェフ・ベック大先生の70年代の、「ブローバイブロー」「ワイアード」ファンク色強いリズムの楽曲多いのですが、当時は「クロスオーバー」で括られていたので、「これってファンクっぽいよね」とリアルタイム言うと、「ばーか、こういうのはクロスオーバーって言うんだ」と、わけわからない説教を、当時絶対的多数だった「ふぉーくの子」にたれられた苦い想い出がありますが(笑)、まあ、奴もファンクを知らなかっただけなんですが(笑)、そのぐらいファンクという音楽は、あれほど!今も伝説になってる、大型ファンクバンドが誕生し、アメリカではヒット曲をだしてたのに、実は70年代の日本は、空前の和製ふぉーくブームでしたので、認知度が一般的には低かったんですね。

そこいくとエアロスミスは偉かった!。今更ながら感心いたします。時代を越えた不朽の名曲です!。







トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
エアロスミス ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。