< エルビス・プレスリー:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
エルビス・プレスリー ブログトップ

エルビス・プレスリー バーニングラヴ ELVIS BURNING LOVE [エルビス・プレスリー]





ウッドストック」、ザ・ローリング・ストーンズの「ギミーシェルター」、「ソウル・トゥ・ソウル〜魂の詩」など、鳴りもの入りロードショー公開が軒並み!商業的にコケ、「ロック映画はあたらない」という悪い定説を映画関係者に作ってしまった1970年代初頭、ザ・ビートルズの「レット・イット・ビー」ともども善戦したのがエルビス・プレスリーのライブ映画「エルビス・オン・ステージ」「エルビス・オン・ツアー」でした。

悪名高いマネージャーパーカー大佐が結んだハリウッドとの長期契約期間中、ライブ活動ができなかったエルビス・プレスリーが、その契約が切れ、1969年からエルビスはライブ&ツアーを再開させ、その記録映像だったのが1970年の「エルビス・オン・ステージ」であり、そしてその続編が1972年の「エルビス・オン・ツアー」。

その「エルビス・オン・ツアー」と時期を同じくしてヒットした(全米2位)、エルビス・プレスリー生前最期の!トップ10入りヒットになったのが、こちら「バーニング・ラヴ」(Burning Love)。

華々しいエルビス・プレスリー復活!、、、派手なステージアクションは、空手8段のカタから来てるようで、長い詰め襟の衣装は牧師の衣装を参考にしたとか。とにかく賛否両論ありましたが、非常に!誰もが印象に残るステージアクション&衣装だったのは間違いありませんし、今でも外国のエルビスそっくりさんコンテストのようなソレの衣装は、皆、この時期のエルビスを真似、登場してますね。

日本でのエルビスのライブ、ハワイ衛生生放送など、今はかなり風化してしまいましたが、70年代初頭のエリビス・プレスリーの日本での人気は相当なものでありましたし、アルバムレコード売り上げを調べてみても、エルビス・プレスリー、カーペンターズ、サイモンとガーファンクルが洋楽では抜群の売り上げを示してます。

思えばこの華々しいエルビス・プレスリー復活!映画から、僅か7年しか生きられなかったのかと、当時は当サイト運営者も少年だったので、時間が長く感じたものでしたが、年をくってその7年という時間の短さに驚嘆しております。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

1970年代初頭、ライブツアーを復活させたエルヴィス・プレスリーは、日本でも大人気だった。ポークサラダアニー Elvis Presley - Polk Salad Annie [エルビス・プレスリー]



【1.3円/時間】GMOインターネットのSSDクラウドVPS「ConoHa」




元々、白人C&Wと黒人R&Bの「境界線」をデビュー時から越えた、先駆者のエルビス・プレスリーですから、時はニューファンク、ニューソウルの時代。非常にファンキーですね、この曲でのプレスリーは。当時のプレスリーの、ヒットチャートに登場した曲では、この曲が今も昔も管理人は1番好きです。

今のように youtube があるわけでもなく、TVでも滅多に洋楽の映像など観れる事がなかった時代。エルビス・プレスリーの全国ロードショー映画、「エルビスオンステージ」「エルビスオンツアー」は当時、同じくエルビスのハワイからの衛生TV生中継(日本のゴールデンタイムに合わせた、深夜1時からのライブだったとか)同様、少年達には大事件だったわけです。

エルビスは名ギタリスト!ジェームス・バートンをメンバーにし、彼にバンドメンバーも殆ど一任したのがこのツアーメンバーだそうで、エルビスはライブシーンに観ての通り、とても元気に勢力的に復活するのですが、亡くなる迄のそのライブ本数の多さは半端ではなかったそうで、他にも諸々、原因があったようですが、エルビス復活の70年のオンステージから僅か!7年後、42才でエルビス・プレスリーはこの世を去ってしまったわけです。

思えばこちらが多感な少年だったせいか、エルビスオンステージからプレスリー死亡まで、もの凄く!長い時間に当時は感じたものでしたが、非常に短い時間だったんですね。嗚呼。





トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
エルビス・プレスリー ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。