< ビートルズ:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
ビートルズ ブログトップ

ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード The Long And Winding Road - The Beatles [ビートルズ]





1970年3月、本国イギリスではラストシングルは「レット・イット・ビー」(Let It Be)でしたが、日本(10月)とアメリカではラストシングル盤は、こちら「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)。

日本ではサイモンとガーファンクルの「明日に架ける橋」と「レットイットビー」が同時期の発売で、共にヒットし、そんな時代の空気の後を受けた「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)もヒットいたしましたし、ザ・ビートルズファンはご承知の通り、このテイク、色々と「伝説」があるわけですが、当時の日本人の耳にはこのフィル・スペクターがオーヴァーダヴィングした、ポール・マッカートニーが忌み嫌ったオーケストラと14人の女声コーラスが、とても心地良く、あまりザ・ビートルズに詳しくな方には、「レット・イット・ビー」(Let It Be)同様、当時も今もとても人気の高い曲です。

まあ、ザ・ビートルズファンならご承知の通り、「ゲットバックセッション」として収録はしたけれど、ザ・ビートルズ内の内紛で棚上げになる、ラストアルバムとして発表された「レット・イット・ビー」(Let It Be)より、先に発売されたアルバム「アビイ・ロード」(Abbey Road)の方が、実は録音、制作は後なので、昨今は情報の溢れてる時代ですので、ザ・ビートルズのラストアルバム、ラストシングル感は、アルバム「レット・イット・ビー」(Let It Be)もシングル「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)も希薄なようですが、リアルタイム、情報も少ない時代、解散の決まったザ・ビートルズの「レット・イット・ビー」(Let It Be)と「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)の2曲は、非常に!ザ・ビートルズの終焉、1つの時代の終わりを感じさせる、ある種、レクイエムに感じる楽曲だったように、記憶しております。



が!ポール・マッカートニーが忌み嫌ったフィル・スペクターのフルオーケストラを、アレンジ、指揮したリチャード・ヒューソンは、ポール・マッカートニーが手がけたメリー・ホプキンのデビュー曲「悲しき天使」のアレンジャーにポールが抜擢した方で、ザ・ビートルズ解散後のポール・マッカートニーのソロアルバム、かの!大ヒット曲「マイ・ラブ」のアレンジをポールは、リチャード・ヒューソンに任せておりますので、おそらく「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)のリチャード・ヒューソンの「仕事」を忌み嫌ったのではなく、自分に無断で、当時、対立していたジョン・レノンと悪名高きアラン・クレインが、フィル・スペクターに「仕事」を依頼し、自分の許可なく自分の作品を、こう仕上げられた事に激高していたのだと想像できます。

でなければ、ザ・ビートルズ解散後、「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」(The Long And Winding Road)の壮大なオーケストラと女性コーラスをアレンジ、指揮したリチャード・ヒューソンを。ポールが起用するわけがないですからね。

ちなみに、日本で大ヒットしたビージーズの「小さな恋のメロディ」のサウンドトラックを手がけたのも、リチャード・ヒューソンです。






nice!(0) 
共通テーマ:音楽

70年代はザ・ビートルズ解散の衝撃のニュースから始まった The Beatles - Let It Be [ビートルズ]








70年代はザ・ビートルズ解散の衝撃のニュースからはじまってるわけで、映画「 Let It Be 」のこの映像、曲は何度みても、言葉にできないほど、管理人、個人的思い入れ強い、涙をそそられるソレでございます。

新宿武蔵野館で観た「動くビートルズ」のこの映像&音というのは、今のようにyoutubeもない時代、TVで洋楽の映像、ましてビートルズのソレが拝めるなんて事は、絶望的になかった時代ですので、少年には強烈なソレであり、率直にリアルの記憶を書きますが、ジョンに寄り添う洋子さんの映像に向って、「消せ!」と叫ぶ若い男もおりました。ポールの映像が大写しになると、小声で(嫌な奴)と、隣の友達に囁く女性もおりました。

ビートルズ解散時、リアルタイム日本では、洋子さんとポールはビートルズ解散の「戦犯」であり、悪者でした。





トラックバック(0) 
ビートルズ ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。