< イーグルス:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
イーグルス ブログトップ

言いだせなくて イーグルス Eagles - I Can't Tell You Why [w/ lyrics] [イーグルス]





イーグルスも内紛の多いバンドで、再結成後も有名でありますが(汗)、1976年末発表されたアルバム「ホテル・カリフォルニア」は日本でも大ヒットし、全世界で1200万枚近い売り上げを記録するビッグヒットになったわけですが、日本でもその髪型と雰囲気が当事、雑誌「ポパイ」発のサーファーブームの最中、「サーファーっぽかった」し、日本人好みのフェイスをしていたので人気の高かった、ベーシスト&ボーカルのランディ・マイズナーが「ホテル・カリフォルニア」のアルバム、シングル絶好調の最中!グループを脱退する事件が1977年には起き、ファンは唖然呆然としたものでした。

で、後任にティモシー・B・シュミットが入り、リアルタイム、イーグルスが放った最後のスタジオ録音アルバム(再結成後してますが)、1979年の「ロング・ラン」(The Long Run)の、タイトル曲に続くA面2曲目の「言いだせなくて」(I Can't Tell You Why)は、そのティモシー・B・シュミットがメインボーカルをとった、自身のオリジナルの美しいバラードの名曲。

「言いだせなくて」(I Can't Tell You Why)でも、とても印象深いギターソロを演奏してる、「ホテル・カリフォルニア」の12弦ギターによる例の!イントロと、後半のジョー・ウォルシュとのツインギターを弾いていたドン・フェルダーも、再結成後にドン・ヘンリー、グレン・フライとの不仲で脱退しているように(ランディ・マイズナー脱退も同じ理由)、既に「ロング・ラン」(The Long Run)レコーディング前、最中からバンドは亀裂が生じてたわけであります。

イーグルスは1971年にレコードデビューしておりましたが、ドン・フェルダーは1975年の「呪われた夜」から、ジョー・ウォルシュは76年の「ホテル・カリフォルニア」から、ティモシー・B・シュミットは「ロングラン」からの皆「新入り」で、オリジナルメンバーのドン・ヘイリー、グレン・フライと溝があったようで、まあ、カントリーロックっぽかった結成時の爽快なアメリカンバンドイメージは、アルバム「ロング・ラン」では感じられず、初期のサウンドとはまるで違うバンドにイーグルスはなっておりましたね。

唯、皮肉な事にイーグルスらしくないアルバム「ロングラン」は、「ホテル・カリフォルニア」と「グレイテストヒッツ」のロングセラーと、雑誌「ポパイ」発のLAブームにのって人気絶頂だったイーグルスの唯一!のオリコン1位を記録しており、「ホテル・カリフォルニア」ですら!オリコン最高位2位でしたから、如何に!イーグルスというグループが、日本では「ホテル・カリフォルニア」「グレイテストヒッツ」以降、その人気が大爆発したのか?そして「ロングランが待ちに待たれたアルバムだったか?、リアルタイムを知らない方でもわかると思います。








nice!(1) 
共通テーマ:音楽

呪われた夜 イーグルス One Of These Nights - Eagles - New Zealand Live [イーグルス]





70年代を代表するバンドとよく言われるイーグルスですが、実際に日本でイーグルスが売れたのは、1975年の「呪われた夜」(One Of These Nights)が初めてであり、それ以前、イーグルスが日本のヒットチャートを駆け上がったとか、若者達の間でアメリカンバンドと言って名前がでる事はありませんでした(このタイプのアメリカンバンドは、CCRかCSN&Yが定番だった)。

だから!正確には少なくとも日本では、70年代を代表するバンドではなく、70年代後半を代表するバンドが正しいです(笑)。

まあ、アメリカでもアルバム「呪われた夜」(One Of These Nights)が初の!全米1位に輝いたせいか?それ以前のアルバムの中からベスト曲集が発表され、その「グレイテスト・ヒッツ 」(Their Greatest Hits)と、例の「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)が1976年に相次いで発表され、日本では1977年に「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)の大ヒットと共に、「グレイテスト・ヒッツ 」(Their Greatest Hits)が、もの凄く!売れたんです。

1976年はアメリカ建国200周年であり、アメリカ文化を紹介する雑誌「ポパイ」が創刊。時代の空気がアメリカ万歳!のノー天気な所が所が当時の日本の若者達にはあり、TVで観る「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)のPVの映像、アルバムの見開きの中のイーグルスのメンバーの写真のアメリカンファッション、風貌に、強い!憧れを抱き、そして「グレイテスト・ヒッツ 」(Their Greatest Hits)で耳に飛び込んできたイーグルスサウンドは、「呪われた夜」(One Of These Nights)からドン・フェルダー、「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)からジョー・ウォルシュが加入する前の、脱退した名手!バーニー・レドン時代のカントリーロック、フォークロックっぽいソレ、正に!アメリカの風景がなんとなーく頭の中で浮かぶ、爽やかなアコースティックサウンド、心地よいコーラスのソレだったので、完全にここで!イーグルスに多くの当時の若者達はやられたわけです。



その「グレイテスト・ヒッツ 」(Their Greatest Hits)の初期イーグルスのプロデュサーの名は、グリン・ジョンズ。

かの!ザ・ビートルズの「レット・イット・ビー」となって発表される前、「ゲットバック」として発表される筈だったその音源を編集し、そしてザ・ビートルズ側にソレを没にされた、あのグリン・ジョンズ。ザ・ローリング・ストーンズやレッド・ツエッペリンのアルバムも手がけていたグリン・ジョンズ。

されどグリン・ジョンズはイーグルスはロックに向いてないと発言していたようで、メンバーと確執もあったとかで、エンジニア、プロデュースをビル・シムジクに変更し、よりロックっぽいサウンドをイーグルスは追求していたようで、典型的なロックスタイルのギタリスト、ドン・フェルダーが加入したのもそういう経緯のようで、「呪われた夜」(One Of These Nights)がそれまでのイーグルスサウンドと異なるのは、「グレイテスト・ヒッツ 」(Their Greatest Hits)の初期イーグルスサウンドを聴いた方なら、誰もがわかる筈ですね。

ちなみに、「呪われた夜」(One Of These Nights)は、日本の東京の踊り場、ビブロスでも頻繁に使われていました。

まあ、何にもしてもイーグルスもディープ・パープルレベルのメンバーの揉め事の多いバンドで、名手!バーニー・レドン脱退後、商業的に大成功するわけですが、結局、「ホテル・カリフォルニア」(Hotel California)の後、ベース&Voのその日本人受けするルックスの良さもあり、日本でも人気だったランディー・マイズナーも脱退(ハイトーンハーモニーやVoは後任のベーシスト、ティモシー・B・シュミットが担当。再結成後も参加してます)。

で、メンバー間の確執は増し、1982年、人気絶頂のイーグルスは正式にバンド解散を発表してしまったわけです。その後、再結成したのは誰もがご承知の事ですが、今度はドン・フェルダーが解雇されてしまい、訴訟合戦に迄発展。再結成後のメンバー間の不仲もディープ・パープルばりであります。






nice!(1) 
共通テーマ:音楽

ホテルカリフォルニア The Eagles - Hotel California [イーグルス]





1975年「呪われた夜」の大ヒットで(踊り場でも使われていた。例えばビブロスとか)、日本でも一躍人気者になったイーグルス。

アルバム「呪われた夜」から正式加入になった、イーグルスのサウンドの要だったギタリストのバーニー・レドンの親友、紹介のドン・フェルダーのギターソロが、「呪われた夜」でそれまでのイーグルスと異なる、強いロックスピリッツを提示させたの同様、イーグルスの人気を決定的にした!アルバム「ホテルカリフォルニア」Hotel California のこのタイトル曲は、そのドン・フェルダーと以前からのメンバー、グレン・フライ、ドン・ヘイリーの作品。


ホテル・カリフォルニア
イントロの12弦ギターのアルペジオは、当時、空前の和製ふぉーくブームだった日本の、多くの「ふぉーくのコ」たちの琴線に触れ大共感され(バンド全体の美しいコーラスラインも)、また、こういう哀愁漂うマイナー、短調の楽曲というのは、普通に日本人の血、DNAに響きますし、レドンの後釜に加入した、ジョー・ウォルシュとの後半のツインギターソロは、当時のロックキッズと言えばギターキッズ(笑)、ハードロックキッズ達にも圧倒的に称賛、支持され、更に!1976年に創刊された雑誌「ポパイ」のアメリカ、ハワイ、LAブームが、同年発売から翌1977年にかけ、アルバムシングル共に大ヒットした「ホテルカリフォルニア」の後押しになったわけで、メンバーのルックス、長髪&口ひげファッション等も強い影響力があり、特にランディ・マイズナーのルックス髪型は、当時の「サーファーっぽかった」事もあり、イーグルスは視覚的にも人気を得たわけです。

更に更に!、1976年はアメリカ建国200周年!。

今の若者の感覚のアメリカ合衆国と当時の若者のイメージのアメリカ合衆国では、デパートの屋上の遊園地とディズニーランドぐらいの差があるわけで(笑)、戦後生まれでマッカーサーGHQ、CIAの長年に渡る「洗脳」の成果と言える、見渡す限りオール無邪気な親米世代(1950年代後半から60年代前半生まれ)にとって、当時のアメリカ建国200周年は、他国の事なのに自国の事のように大騒ぎして若者達は皆、はしゃいでたわけで、そんな空気にイーグルスのこの曲、アルバムが、見事に!ハマったんですね〜(雑誌ポパイもしかり)。

まあ、アメリカもベトナム戦争敗北、撤退。世界はこれで平和になるという一時の幻想、まだ、日本も在日米軍に対し「思いやり予算」も払ってなかった「国防の只乗り」と言われた最後の時代(思いやり予算は1978年から)、更に!実は既に今も続く深刻なアメリカの「双子の赤字」は、アメリカを蝕んでいたわけですが、当時のノーテンパーの「無邪気に親米」の若者達にそんなもの届くわけもなく、結局、80年代半ばのヒステリックなまでのアメリカの日本叩き、「日米貿易摩擦」のアメリカを見るまで、『強くて豊かな』アメリカ幻想に、日本の若者達は素直に酔いしれてたんですね(今も幸せに、そのまま年くってる初老中高年、多いですけど。笑)。



で!、イーグルスですが、バーニー・レドンがやめた理由は、グレン・フライとドン・ヘイリーとの確執が原因だったそうで、結局、解散、再結成後もイーグルスを世界的な人気バンドにしたこの曲、アルバムの功労者、ドン・フェルダーも、同じくグレン・フライ、ドン・ヘイリーと揉め解雇(フェルダー側は提訴。訴訟沙汰になってます)、又、ボーカル&ベースのランディ・マイズナーも人気絶頂の77年のツアー中に、同じくグレン・フライ、ドン・ヘイリーとの軋轢が主な原因で辞めていたり、なかなかこのバンド、爽やかなコーラスや曲調とは裏腹に、ディープ・パープルのような内紛の多いバンドとしても、ファンの間では有名ですね(汗)。


COMPLETE SCORE SERIES イーグルス/スーパーベスト (コンプリート・スコア・シリーズ)


やさしく弾ける イーグルス ピアノソロアルバム (PIANO SOLO)


ヴェリー・ベスト・オブ・イーグルス

トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

日本ではリアルタイムではなく、後になって売れたテイクイットイージー イーグルス The Eagles - Take it easy [イーグルス]



ネットショップの開業ならカラーミーショップ




ある年齢以上の方には、とても!思い入れも人気も高い!イーグルスですが、イーグルスが日本で一躍!有名になったのは、1975年の「呪われた夜」のシングルヒットで、続いて例の、1976年発売「ホテルカリフォルニア」の大ヒットと、同年、発売された、そこまでのベストアルバム「グレイテストヒッツ」の大ヒット!の76〜77年頃が、もう大騒ぎだったわけです。

デビュー当時からイーグルスが好きだったと言う、ある年齢以上の方よくおりますが、まあ、たいていは嘘か(笑)、この「グレイテストヒット」のライナーノーツで、後追いなのに「呪われた夜」以前のイーグルスをあたかも知ってたような記憶の錯覚をおこしてるか?どちらかであり、この71年のデビュー曲「テイクイットイージー」が日本でシングルヒットした記憶のある人は、おそらく殆どいないと思います。

【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com


イーグルスが日本で大ブレイクした頃、1976年はアメリカ建国200周年記念の年であり、今と違い若者達は当時、絶対的!アメリカ信奉、アメリカ教信者の巣窟であり、まあ、戦後の諸々の原因でそうだったわけですが、その時代の空気もイーグルスには後押しになったわけです。しかもホテルカリフォルニアは日本人の琴線に触れる、マイナー(短調)の、日本人好みのせつないメロディ。売れないわけがなかったんですね。

更に!このアメリカ建国200周年の年に、雑誌「ポパイ」が創刊され、世は正にLAブーム!。LAのグループ(当時のメンバーにLA出身者は1人もおりませんが)、イーグルスは正に!時代の寵児になったわけです。

LAブームに、この「テイクイットイージー」は、ぴったりだったと、今の若い人でも聴いて思いませんか?。71年に発表されたこの曲が日本で鳴り響いたのは、1976年、アメリカ建国200周年の年、雑誌「ポパイ」創刊の年、ベストアルバム「グレイテストヒッツ」のバカ売れなんですね〜。

よってここでリードギターを弾いてる、バーニー・レドンはアルバム「呪われた夜」で、ドン・フェルダーと交代になっているので、日本でイーグルスが大ブレイクした時には、既にメンバーではなかったんですね。





トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
イーグルス ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。