< イエス ビルブラッフォード:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
イエス ビルブラッフォード ブログトップ

アラン・ホールズワース ビル・ブラッフォードAllan Holdsworth & Bill Bruford Band-Beelzebub [イエス ビルブラッフォード]





イエス、キングクリムゾン、ゴング、そしてジェネシスのツアーメンバーと、今もプログレファンには根強い人気のバンド経験を誇る名ドラマー、ビル・ブラッフォードが1979年にアラン・ホールズワース、ジェフ・バーリン、デイブ・スチュワートとともに結成した、ある種「スーパーバンド」である強力な!自身のバンド「ブラッフォード」。

アルバム「One of a Kind」発表後のツアーを終えるとアラン・ホールズワースが脱退。新たなギタリスト、ジョン・クラークを加入させるも、バンドは経済的に行き詰まり1980年に活動を停止。

今もコアなプログレファンには根強い人気を誇る「ブラッフォード」ですが、活動期間は非常に短かく、又、チャートを賑わせるようなヒット曲も、時代が70年代前半のプログレ、ジャズロックが一般大衆にも注目されていた「ニューロック」の時代ではなく、既にクロスオーバーからよりポップなフュージョン、ディスコサウンド、或いは来るべき80年代に大ブレイクするヘビーメタル、日本ではニューミュージックが大衆に好まれていた時代であり、「ブラッフォード」は商業的には成功に至らなかったのですが、とにかくもの凄いバンドだった事は確かですので、アップさせていただきました。

この後、商業的に大成功する、かつてプログレの雄!イエスでビル・ブラッフォードと仲間だったスティーブ・ハウ、同じくキングクリムゾンで仲間だったジョン・ウェットン、そしてエマーソン・レイク&パーマーのカール・パーマ等による、こちらも「80年代のスーパーバンド」エイジアは、案外、「ブラッフォード」の商業的失敗をみて、エイジアのポップ路線を決めたのかもしれないですね。

彼等は「仕事」で音楽をやってるわけですから、せっかく名のあるメンバーが集まってバンド結成しても、商業的に惨敗したのでは意味がない。リアルタイムは以前からのプログレファンには、手厳しい批判もされていたエイジアでしたが、そういう思惑があったとしてもおかしくはないかなと、一人思っております。




コメント(0) 
共通テーマ:音楽

1970年代初頭のプログレ人気時代、圧倒的人気バンドだったイエスのラウンドアバウト Yes/Roundabout [イエス ビルブラッフォード]








70年代ロックと言えば、欠かせないのがプログレ!。70年代初頭のロックフリーク達の、プログレ信奉の強さは、なかなかリアルタイム経験者でないと、わかりずらいソレだと思われます。

そのプログレの雄の!1バンド。イエスの何時聴いても色褪せないプログレの金字塔!、1971年録音の米英日と商業的にも大ヒットしたアルバム「こわれもの (Fragile)」の冒頭を飾った、シングルヒットもしたラウンドアバウト。

このアルバムからデヴィッド・ボウイ、T.レックス、ブラック・サバスなど多くのレコーディングに参加し注目を浴びていたリック・ウェイクマンが加入。初期の人気絶頂、全盛期メンバーが揃ったわけであります。又、ギタリストのスティーヴ・ハウって、今の若い人には認知度低いかもしれないですけど、ある年齢以上の方々には、クラシカルスタイルをロックに取り入れた先駆者と、今も高く評価されてる名手でございます。

まあ、当サイト運営者の私的趣味では、ベースのクリス・スクワイア 、ドラムのビル・ブラッフォードのリズム隊に、何時!聴いても!シビレております。

☆レコーディング・メンバー

ジョン・アンダーソン Vocals
スティーヴ・ハウ Guitars,Vocals
クリス・スクワイア Bass,Vocals
ビル・ブラッフォード Drums,Perc
リック・ウェイクマン Keyboards Bass,Vocals





コメント(0) 
共通テーマ:音楽
イエス ビルブラッフォード ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。