< Tレックス:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択
Tレックス ブログトップ

イージーアクション T. Rex ~ Solid Gold Easy Action [Tレックス]





70年代初頭のR&Rリバイバル。英国のグラムロックブームの寵児だったTレックスの、一連の!日本ヒットナンバーの1曲ですが、近年あまり話題に出ない曲なのでアップ。

1972年、日本での最初にして最大のヒットシングル!「メタル・グルー」により日本で大ブレイクしたTレックス。そしてTレックスが日本のグラムロックブームのとっかかりになります。で、その後のシングル「チルドレン・オブ・レヴォリューション」もラジオのヒットチャートを賑わし、同年末待望の初来日。

日本のキャロルのデビューのきっかけとして有名なTV「リブ・ヤング」(そもそもブームのグラムファッションの若者募集に、キャロルのジョニー大倉氏が応募したのがきっかけ)にTレックスも出演。日本での人気は正に!ピークであり、その頃発表されたシングルレコードが、こちら「イージーアクション」(Solid Gold Easy Action)。

ちなみにキャロルがシングル「ルイジアンナ」でデビューして暫くの頃と、Tレックス来日、シングル「イージーアクション」(Solid Gold Easy Action)は時代がリンクしております。



で、実はTレックスの来日ライブはリアルタイム評判が悪く(あまりに下手と)、当時の「大物外国バンド」来日ラッシュの最中(あの!ディープ・パープルの有名な「ライブインジャパン」はこの年の夏のもの)、来日公演して評判を落としてしまった、Tレックスは数少ないバンドでした(汗)。

で、リアルタイムを知らない今のわりと若い人でも、映画で使われていたので知名度の高い「20センチュリー・ボーイ」(日本録音)が発表されるのが翌1973年。

来日公演で評判を落としてしまったTレックスの、最後の!日本のラジオ番組のヒットチャートを賑わせた曲がこの「20センチュリー・ボーイ」で、ここから急激に!Tレックス人気は下降。後世に語る継がれるグラムロックの雄、Tレックスの日本での大人気、ムーブメントは、実は僅か1年ほどだったんですね。

商魂逞しいレコード会社は、Tレックスが忘れ去られないうちに同年9月、早くも「グレイテストヒット」ベストアルバムを出し、10月の二度目の来日公演の前宣伝にもしたのでしょうが、Tレックスの二度目の来日は話題にすら殆どならず、まるで少し前の日本のグループサウンズブームのように、Tレックス人気は終焉を迎えてしまうわけであります。

勿論、Tレックスは未だ活動していたのですが、日本ではもう「終ったバンド」にされてましたね。

不発に終った二度目の来日から僅か!4年後の1977年、マーク・ボランはロンドンで自動車事故を起こし死亡。享年29才でありました。




コメント(0) 

Get It On - T-Rex ft Sir Elton John HD [Tレックス]



ブギーのリズムで踊る金髪白人女性というのは、何時みても幾つになっても、美しいと感じます(笑)。


グレイト・ヒッツ
元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドや、後にイエスに加入するリック・ウェイクマン等がレコーディングに参加した、Tレックスの出世作、1971年のアルバム「電気の武者」Electric Warriorからのシングルカット、全英1位、全米10位の大ヒット曲「ゲット・イット・オン 」Get It On(1985年のパワーステーションのカヴァーヴァージョンは、全米9位)。

不朽の!名曲でございます!

時代はR&Rリバイバル。Tレックスの大ヒットによりこの後、グラムロックブームが英国と日本では爆発するわけですが、あまりアメリカではグラムロックはブームという程でもなかったようで、おそらくTレックスの曲で一番アメリカでヒットしたのは、この曲でしょう。

キーボードエルトン・ジョンが参加しておりますが、アカデミックな音楽教育を受け神童と謳われた天才ピアニスト、バラードの名曲も多いエルトン・ジョンがR&R、ブギーが大好きというのは、(きっと良い人なんだろうなな〜)と思ったりいたします(笑)。自身の大ヒット!R&Rオリジナルナンバー「クロコダイルロック」「土曜の夜は僕の生きがい」もありますし。





バンドスコア T・レックス ベスト[リニューアル版] (バンド・スコア)


バンドスコア Tレックス/ベスト[改訂版] 永遠のロックスター、Mボランが奏でた妖艶で (バンド・スコア)



軌跡~ベスト・オブ・T・REX~Limited Edition

nice!(0) 

グラムロックブームの1970年代初頭、日本で大ヒットしたメタル・グルー/T・レックス Metal Guru/T. Rex [Tレックス]



月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!




今や映画の影響で、Tレックスと言えば「20センチュリーボーイ」が代名詞のようになっておりますが、リアルタイム日本で最も!売れたグラムロックの雄、Tレックスナンバーは、この「メタル・グルー」Metal Guruだったと、管理人は記憶しております。

アコースティック・ギターとヴォーカルのマーク・ボラン、パーカッションのスティーヴ・トゥックの二人組で、ティラノザウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex)と名乗っていた彼等が、 1971年にベースのスティーヴ・カーリーとドラムのビル・レジェンドが加わり(元キング・クリムゾンのイアン・マクドナルドや、後にイエスに加入するリック・ウェイクマン等レコーディングに参加)、4人組のバンドになって初めてのアルバム『電気の武者』Electric Warriorが、全英アルバムチャート1位獲得(8週1位独占)。シングルカットされた「ゲット・イット・オン」Get it onは、全米トップ10(10位)入りした曲で、72年発売のアルバム「スライダー」Slider は、全米チャート4位まであがる大ヒット。


スライダー(紙ジャケット仕様)

メタル・グルーは、アルバム「スライダー」の冒頭、A面1曲目を飾った、そして日本でもシングル盤が売れに売れた、日本でのTレックス人気を決定的にした楽曲で、このロックファンにはお馴染みのジャケット、撮影したのは元ザ・ビートルズのリンゴ・スターなのは、ファンの間で有名ですね。

1973年、人気絶頂期に、日本で録音された「20センチュリー・ボーイ」20th Century Boy は、日本での大ヒットのみならず、全英シングルチャートで3位を獲得(アメリカではヒットしなかったよう)したのですが、74年頃から急激にTレックス、マーク・ボラン人気は下降線に入り、グラムロックブームも、今にして思うと非常に短いソレだったんだなと感じております。





トラックバック(0) 

70年代初頭は「第二のビートルズ」とも言われたTレックスの 20th Century Boy [Tレックス]



【チープなバッテリーでは大切なスマホが破壊されてしまいます】




わりと若い人にも、邦画「20世紀少年」で使われいたので認知度も人気も高い、70年代初頭は「第二のビートルズ」とも言われ、日本でも抜群の人気を誇っていたグラムロックの立た役者、Tレックスの最高の!、のりのりの名曲!。20th Century Boy。

1973年に、日本の東芝レコードのスタジオで録音されたそうな、このシングル曲の大ヒット以降、皮肉な事にグラムロックブーム、Tレックス人気は急速に日本でも下降し、1974年には完全に衰退してしまい、思えばマーク・ボランはその後、1977年に自動車事故で29才の若さで死亡してしまったわけですから、この曲を日本でレコーディングしてから、僅か!4年しか生きられなかったんですね。

自分が若かったせいか、随分当時はTレックス大人気から衰退、そして死亡のニュースを聞くまで、長い時間に感じたものでしたが(汗)。





コメント(0) 
Tレックス ブログトップ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。