< 1980年代の楽曲なれど、古のロックの王道を知らしめたスウィート・チャイルド・オブ・マイン Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成
検索選択

1980年代の楽曲なれど、古のロックの王道を知らしめたスウィート・チャイルド・オブ・マイン Guns N' Roses - Sweet Child O' Mine [ガンズンローゼス]



月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!




当サイトの主旨 70's Rock では時代的にはないのですが、ガンズ・アンド・ローゼズの1987年に発売された、2016年現在、全世界で2,800万枚も売り上げたと伝わるアルバム「アペタイト・フォー・ディストラクション」(Appetite for Destruction)が、何故に?当時それほど世界で売れたのか?、、、

ガンズ・アンド・ローゼズは、忘れかけていた70'sロックのスピリッツを、このアルバムで爆発させてたからだと思うわけであります。

それほどこのアルバムは、1980年代当時流行った所謂「産業ロック」や、1970年代末期に登場したエドワード・ヴァン・ヘイレン以降のバカテク、ハイテクギタリストによるギタースタイル、或いは1970年代中期のボストン登場以降確立されたと言える「80'sのロックサウンド」と異なる、言葉は悪いですが当時は「古くさい」、されど「これぞロックの王道!」と世界が感じたほど、強烈にインパクトある、70'sロックテイスト溢れるバンド、楽曲集だったわけであります。

特にこちらシングルカットされ全米1位を記録した「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」の、スラッシュのギター。

当時はアームつきフロイトローズ式のギターをかまえ、スペイシーなエコーエフェクトも駆使し、早弾き、トリッキーな奏法に励んでいるギタリストが多かった中、当時はあまり使っているギタリストがいなかったギブソン・レスポールをかまえ、しかもワウワウのソロまでいれ、スペイシーなエコーエフェクト音ではない、正に古の60's、70'sハードロックサウンドをたたきだしていたスラッシュは、多くの世界のギタリスト達にショックを与えたと言っても過言ではなかったでしょう。

それほどガンズ・アンド・ローゼズのこのアルバムは、ハードロック、ロックスピリッツの原点回帰になった、衝撃の1枚だったと言えるわけであります。





nice!(0) 

nice! 0

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。