< 素顔のままで ビリー・ジョエル/Billy Joel - Just The Way You Are:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

素顔のままで ビリー・ジョエル/Billy Joel - Just The Way You Are [ビリージョエル]





1977年発表の、ビリー・ジョエル通算5枚目のアルバムからのシングルカットされ、日本でも大ヒットした「素顔のままで 」(Just the Way You Are) 。

まあ、日本では実質ビリー・ジョエルが一般的に名を知られるのはこのアルバムからで、何故か?日本独自のシングルカットになった同アルバム収録の「ストレンジャー」が、一般洋楽ポップスチャートは勿論、当時の踊り場、ディスコでも人気になり(オリコン最高位2位)、こちら「素顔のままで 」(Just the Way You Are) 同様、売れに売れ、ビリー・ジョエルは一躍!日本で有名になりました。

勿論、日本に限らずアメリカでも、それ以前は4枚もアルバムを発表してたのですから、それなりにそこそこ日本と違い名は知られてたそうですが、ビリー・ジョエルの名が知れ渡るのはこのアルバムからだったそうで、こちらのアルバムは1978年のグラミー賞にまで輝いてる、70年代後半を代表する1枚。

日本ではよくある話しですが、こちらのアルバムが大ヒットしてから、ビリー・ジョエルの過去のアルバム、楽曲もファンに注目され、特にセカンドアルバムに収録されていた「ピアノマン」は、今でも日本でもよく知られているほど、アルバムは元より「素顔のままで 」(Just the Way You Are) と「ストレンジャー」のシングルヒットの影響で、後追いでロングヒットになった曲であります。




時代的には1976年はアメリカ独立から200周年で、当時の日本の若者は、今の若者には想像もつかないほど!戦後日本のアメリカの占領政策、プロパガンダの大影響で、幼少の頃からアメリカのテレビドラマ&映画&音楽に慣れ親しんでいた事もあり、もの凄く!アメリカナイズされていたので、まあ、よその国の事なのに、我が事のようにアメリカ独立200周年を祝ってた感があり(笑)、ファッションは元より、音楽もボズ・スキャッグスやイーグルス、ドゥービーブラザーズ、リンダ・ロンシュタット等と共にビリー・ジョエルは、そんなアメリカナイズされていた若者達に圧倒的に支持されたわけであります。




nice!(1) 

nice! 1

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。