< カラパナ 鮮烈のチューブライディング KARAPANA THE ULTIMATE:70's Rockを称えるブログ:So-netブログ
So-net無料ブログ作成

カラパナ 鮮烈のチューブライディング KARAPANA THE ULTIMATE [カラパナ]








まあ、この曲を聴きながら大スクリーンでサーファーのライディングに歓声をあげる(笑)。

60年代の高度成長を経、70年代の田中角栄総理の列島改造論、1980年代の正にバブルに向かって一直線の時代の幕開けのサーファーブームを語らないのは、歴史の捏造になるのでいけません(笑)。当時、東京の公会堂とかでサーファーのライディングムービー上映会とかよくやってたし、所謂カフェバーのハシリになるような店で、同じようなムービーに合わせてカラパナのこの曲はよく使われていました(レコード店、ブティック、サーファーショップ等でも)。

1975年にハワイでデビューしたカラパナは、1977年、日本の中野サンプラザで来日公演を果たし、雑誌「ポパイ」創刊の影響もあり、世はサーファーブームのとっかかり。カラパナは日本の若者達に人気を得るようになるわけですが、まあ、何でもそうですがブームが起きると必ずアンチが生まれますから(笑)、カラパナはアンチサーファーのコたちには逆に目の敵にされていたわけですが、勿論、彼等のやってる音楽や彼等自身に罪はないのですけど、、、。

でも、80年代のバブルに向かって一直線の所謂フュージョンブームの頃には、カラパナはなんとなくそれまでの勢いは日本でなくなっていましたね。サーファーには根強い人気がありましたし、サーファーブームは既にブームではなく、今に続く勢いがあったんですが、ちょっとカラパナの影が薄くなってたのは否めなかったと記憶しております。

それでもカラパナは所謂フュージョンファンとは違う、サーファー、トロピカル系好きの日本のファンには熱い支持を得ていたので、そのファンの規模は小さくなりますが、80年代も90年代もメンバーチェンジ等ありましたが、それなりに日本では人気バンドであり、結成時からのメンバーのマッキー・フェアリーが1999年に獄中自殺(ドラッグ乱用)してしまったのも、ファンには悲痛なニュースだったのを記憶しております。









nice!(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。